パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

imagesCA6Y2OO9

 ”パイレーツ・オブ・カリビアン”は、元々3部作であるが、これほどまでに待望された続編が、これまでの映画史上にあったであろうか?
第一話の”呪われた海賊たち”のラストは、キャプテン・バルボッサの死であったがーーー。



スポンサーリンク




 自由を愛する孤高の海賊、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)、愛のために運命に立ち向かう若者、ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)、勝気だが正義感と勇気にあふれるイギリス総督の令嬢、エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)。さらに、曲者揃いのブラックパール号の海賊たち。カリブ海を舞台に、前作を凌ぐエキサイティングな冒険が、空前のスケールで展開される。
 今回の見所は、ジャック・スパロウの秘められた過去と、彼の生涯最大の敵、「深海の悪霊」デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)との宿命の対決である。

 前作でエリザベスを助け出し、彼女との結婚式を目前に控えたウィルだったが、海賊ジャック・スパロウに加担したことを理由に二人は逮捕されてしまう。しかし、東インド貿易会社のベケット卿は、ジャックの持つ「コンパス」を渡せば二人を釈放するという。ウィルはこうしてジャックを探す旅に出た。
 一方、バルボッサからブラックパール号を取り戻し、再び船長に戻ったジャック。しかし彼は13年前、デイヴィ・ジョーンズと「血の契約」を交わしていた。その内容は、ブラックパール号の船長となる代わりに、13年経ったらジョーンズのフライング・ダッチマン号の船員として働き続けなければならないというもの。突然ジャックの前に現れたウィルの父親ビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)は契約の期限が迫っていることを告げる。
映画のタイトルにもなっている”デッドマンズ・チェスト”=”死者の宝石箱”とは?
そして、この宝石箱には何が隠されているのか?

 第2作”デッドマンズ・チェスト”は、前作”呪われた海賊たち”の続編であると同時に、3部作完結編への大いなる序章となっている。第2作と第3作は、同時に撮影され、新たなる展開を含め、観客に次作への期待をいやが上にも膨らませている。1作目を見た観客はどうしても続きが見たくなってしまうのだ。
 それにしても、女性たちを最も魅了する俳優となったジョニー・デップであるが、ファンが最も見たい彼の役が、この海賊であると言っても過言ではなかろう。
トレードマークのドレッドヘアと金歯、酔ったような立ち居振る舞い、人の隙を突く狡猾さ、本心を明かさない皮肉屋、コミカルにしてクールな風情ーーーデップの卓越した演技が物語をいやでも盛り上げている。セクシーなヒーローの誕生である。しかし、これまでの正義のヒーローとはかけ離れた、正体不明の個性的な役柄である。話術に長けている彼は、登場人物たちだけでなく、それを見ている我々をも、いつの間にか煙に巻いてしまう。

 自分は、”スター・ウォーズ”シリーズにおけるVFXを駆使した技術が、従来のSFを大きく変えたと思うが、”パイレーツ・オブ・カリビアン”は、海における”スター・ウォーズ”といえるであろう。デイヴィ・ジョーンズや怪物クラーケンは、まさにエイリアンさながらだ。ユニークで個性的な登場人物。
 さらに、この作品を盛り上げているのは、個性的な登場人物以外にも、「ブラックパール号」や「フライング・ダッチマン号」などの海賊船から、はたまた「アステカ金貨」、「北を指さないコンパス」、「死者の宝箱」などの小道具が重要な意味を持っている事である。リンゴやラム酒でさえーーー。
 
 ジェットコースターに乗ったような感覚のスピーディーな展開にユーモアを織り込んだ一級のエンターテインメントだ。前作になかった三角関係のロマンスも垣間見る事が出来る。エリザベスは、ハンサムで情熱的なウィルよりも、風変わりな海賊ジャックに段々魅かれて行く。

 前作のスタッフとキャストが再結集し、新たなキャストも加わり、謎も深まり、どう展開していくか分らない手に汗握る物語になっている。演出・演技・衣装・メーキャップ・小道具とすべてが完璧で、スケールも前作を大きく上回った、最高のエンターテイメントである。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆11月公開注目映画◆

溺れるナイフ
【公開日:2016年11月5日】
溺れるナイフ

ボクの妻と結婚してください。
【公開日:2016年11月5日】
ボクの妻と結婚してください。

ジャック・リーチャー
NEVER GO BACK
【公開日:2016年11月11日】
ジャック・リーチャー

ミュージアム
【公開日:2016年11月12日】
ミュージアム

この世界の片隅に
【公開日:2016年11月12日】
この世界の片隅に

裏切りの街
【公開日:2016年11月12日】
裏切りの街

きんいろモザイク Pretty Days
【公開日:2016年11月12日】
きんいろモザイク

幸福のアリバイ Picture
【公開日:2016年11月18日】
幸福のアリバイ

ガール・オン・ザ・トレイン
【公開日:2016年11月18日】
ガール・オン・ザ・トレイン

orange 未来
【公開日:2016年11月18日】
orange 未来

マイ・ベスト・フレンド
【公開日:2016年11月18日】
マイ・ベスト・フレンド

聖の青春
【公開日:2016年11月19日】
聖の青春

劇場版 暗殺教室 365日の時間
【公開日:2016年11月19日】
劇場版 暗殺教室

機動戦士ガンダム
THE ORIGIN IV 運命の前夜
【公開日:2016年11月19日】
機動戦士ガンダム

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
【公開日:2016年11月23日】
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

イタズラなKiss THE MOVIE
ハイスクール編
【公開日:2016年11月25日】
イタズラなKiss

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章
【公開日:2016年11月25日】
CYBORG009

メン・イン・キャット
【公開日:2016年11月25日】
メン・イン・キャット

劇場版 艦これ
【公開日:2016年11月26日】
艦これ

疾風ロンド
【公開日:2016年11月26日】
疾風ロンド

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク