イージーライダー

easyrider

 マリファナの売買で、ちょっとした財産を築いたキャプテン・アメリカ(ピーター・フォンダ)とビリー(デニス・ホッパー)が、ハーレイ・ダビッドソンに跨り、旅に出るところからこの物語は始まる。
町を捨て、時計を捨てる姿は、これからは時間に縛られず、自由気ままに生きていくという、意思表示を示している。



スポンサーリンク




 村から村へとバイクで流す二人だが、途中で酔っぱらいの弁護士ジョージ(ジャック・ニコルソン)と知り合い、3人での旅となる。しかし彼等は、沿道の村人たちに全く受け入れられない。レストランでも歓迎されない。保守的な人々は、彼らの身なりだけで、”胡散臭い”と見るのだ。自分たちとは、全く違う人種、異邦人とみなし、やがて悲劇へと向かっていくことになる。

 マリファナ、人種問題、ベトナム戦争、既存社会に反抗する若者といわゆる常識派で保守的な大人との断絶等、数多くの問題を抱えて喘ぐ”巨大国家アメリカ”の姿をヤングジェネレーションの目を通して余すところなく描いている。

 ジェーン・フォンダを姉に持ち、名優ヘンリー・フォンダの息子であるピーター・フォンダが、初めてプロデュースした作品で、彼の親友デニス・ホッパーも初監督している。脚本も二人で書きあげ、まさに二人が作った作品だ。

 サイケデリックな映像と反体制派ミュージシャンを結集して音と画面を結び付けている。サイクリングシーンに流れる音楽は、ステッペン・ウルフの”プッシャー”に始まり、代表曲”ワイルドで行こう”ザ・バンドの”ウェイト”等、すべてロックであり、当時の10代後半から20代の若者に圧倒的支持を受けた音である。ジミヘンやエレクトリック・フラッグなど、サイケ・ミュージックの走りである。
 しかも驚くのは、ラストシーンに流れる、バーズのリーダー”ロジャー・マッギン”が歌う美しいスローバラード”イージー・ライダーのテーマ”を除き、この映画のために作られた曲ではないということである。ヒット曲を集めたものだが、実に映像とマッチして、我々に訴えかける。ピーターのセンスが窺われる。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆11月公開注目映画◆

溺れるナイフ
【公開日:2016年11月5日】
溺れるナイフ

ボクの妻と結婚してください。
【公開日:2016年11月5日】
ボクの妻と結婚してください。

ジャック・リーチャー
NEVER GO BACK
【公開日:2016年11月11日】
ジャック・リーチャー

ミュージアム
【公開日:2016年11月12日】
ミュージアム

この世界の片隅に
【公開日:2016年11月12日】
この世界の片隅に

裏切りの街
【公開日:2016年11月12日】
裏切りの街

きんいろモザイク Pretty Days
【公開日:2016年11月12日】
きんいろモザイク

幸福のアリバイ Picture
【公開日:2016年11月18日】
幸福のアリバイ

ガール・オン・ザ・トレイン
【公開日:2016年11月18日】
ガール・オン・ザ・トレイン

orange 未来
【公開日:2016年11月18日】
orange 未来

マイ・ベスト・フレンド
【公開日:2016年11月18日】
マイ・ベスト・フレンド

聖の青春
【公開日:2016年11月19日】
聖の青春

劇場版 暗殺教室 365日の時間
【公開日:2016年11月19日】
劇場版 暗殺教室

機動戦士ガンダム
THE ORIGIN IV 運命の前夜
【公開日:2016年11月19日】
機動戦士ガンダム

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
【公開日:2016年11月23日】
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

イタズラなKiss THE MOVIE
ハイスクール編
【公開日:2016年11月25日】
イタズラなKiss

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章
【公開日:2016年11月25日】
CYBORG009

メン・イン・キャット
【公開日:2016年11月25日】
メン・イン・キャット

劇場版 艦これ
【公開日:2016年11月26日】
艦これ

疾風ロンド
【公開日:2016年11月26日】
疾風ロンド

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク