【芸能】山本太郎が激動の2年間を振り返る「今は『山本太郎劇場』をやっている感じ」「反原発と被爆関連の市民運動が、今の僕の最優先事項」!

201304200260002thumb

1: 禿の月φ ★ 2013/05/17(金) 06:00:30.98 ID:???P

5月17日にDVD発売される、不倫愛をテーマにした映画『秘愛』。
暗い過去を背負い、心を閉ざす主人公・透を熱演しているのが、
俳優の山本太郎だ。2011年5月末からフリーランスになった山本にとって、
昨年公開の映画『EDEN』に続き、2度目の主演作となる。

本作の撮影時に「今までこんなに幸せなことをしていたのか」と
喜びを痛感したという山本に、俳優として、そして反原発活動家としての
現在の心境や反原発を声高に表明することの難しさを聞いた。

2011年3月11日に発生した東日本大震災直後に起こった原発事故を受け、
反原発活動に専念するために約15年間所属していた芸能事務所を退社。
フリーランスとなった。「事務所を退社した直後は残っている仕事があったので、
すべて自分でスケジュールを立てたり、取材依頼を自分で調整したり、
パンクするかと思いましたよ」と当時を振り返る。

それでも今は「事務所を作っていない分、僕に対して苦情を言う場所が
ツイッターくらいしかないので、僕が何か発言をしたとしても誰にも迷惑がかからない。
俳優の仕事に関しても、お話が来たらありがたく頂戴するスタンス。
あくまでも反原発と被爆関連の市民運動が、今の僕の最優先事項だから」と
フリーとしての日々に手応えを感じている。(>>2以降に続きます)

ソース:クランクイン!
http://www.crank-in.net/movie/interview/24603/1
http://www.crank-in.net/movie/interview/24603/2
画像:
no title

no title

no title

no title

元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1368738030/



スポンサーリンク



2: 禿の月φ ★ 2013/05/17(金) 06:00:48.51 ID:???P
>>1からの続きです)
ただし「反原発」を提唱したことで、俳優としての仕事が激減したのは事実。
「テレビには様々な企業のスポンサーが入っているし、映画や舞台も同じ。
僕の名前が出演者の中にあるだけで、極端に嫌がられてしまう」と打ち明ける。
その言葉を裏付けるように、俳優としての仕事は2012年の8月を最後にないという。

欧米の俳優たちの中には、政治問題に積極的に介入しようとする者もいるが
「彼らが声を上げるのは、他国の貧困や人種弾圧の問題くらい。

新たな原発設置に関するデタラメな安全対策と内部被爆というゆっくりとした殺戮に子供たちが晒されているにも関わらず、 この狂った状況に対して声を上げようとはしない。
原発は莫大なお金の絡んだ既得権益であり、世界的な闇。それに対して異議を唱えれば、何かしらに引っ掛かる」と、影なき巨大権力の前に屈せざるを得ない現実を明かす。

そういった中で、なぜ山本は一人で声を振り絞るのだろうか。
「それは声を上げない怖さの方が強いからです。
将来のことを想像すれば簡単なことだし、報道されない様々な事実を知った上でそれらを放棄することの方が恐ろしい」と鋭く言い放つ。

公の場に登場すると、山本は自らの状況を自虐的なネタにすることがあるが
「こっちは裸ですからね。それだけのことですよ。印象操作というのは日常的に行なわれていて、メディアとしての僕の扱い方は完全に“過激派”。
僕のような半端な役者の息の根を止めるのは簡単なことですから」と笑い飛ばす。

>>3以降に続きます)

画像:
no title

no title

no title

no title

3: 禿の月φ ★ 2013/05/17(金) 06:01:08.69 ID:???P
>>2以降からの続きです)
そんな逆風にもめげず、芸能界からも距離をおかず、
俳優として活動し続ける理由は「それが僕の本業だからです。
俳優としてやって来た22年間をわざわざ変える必要はない」と
不撓不屈の構えだ。

映画『秘愛』の撮影中に感じた幸福感は皮肉なことに、仕事がコンスタントにないという現状が与えてくれたものでもある。
「役者とは、想像の世界に入っていくものだと改めて感じました。
役者ってこういう仕事だったんだと気づかされたというか、新鮮味を味わうことができた。 演じている最中のありがたみは、今までで一番のものだったかもしれない」と喜びを噛みしめる。

とは言うものの「どうしても演じたい、という欲求が沸いてきているわけではないので、仕事が減っている現状へのフラストレーションはありません。表現の形は違うけれど、今は『山本太郎劇場』をやっている感じ。
今は自らの生き様を見せられればそれでいい」と迷いはない。

この激動の2年間を振り返り、役者としての変化を聞くと「自分自身、変化したのかどうかはわからないけれど、色々な人に会い、深い悲しみや苦しみ、そして小さな喜びを感じてきた日々は間違いなく役者としての自分に変化を与えてくれるはず」と確信を込める。
もしあの日あの時に行動を起こしていなければ「平凡な、面白みのない役者になっていたでしょうね」という山本は「だからこそ、今の日々が僕にとっては宝物でもあるんですよ」と静かに笑った。

DVD『秘愛』は5月17日より、
オールインエンタテインメントから発売。(了)

16: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 06:10:58.03 ID:4BMB5vgN0
なんかテンパリ具合がおかしいんだよなw

34: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 06:35:24.89 ID:g4GR/hSR0
まだ日本に居るのかよwww

36: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 06:37:28.17 ID:+cIGDls+0
活動資金はどこから?
各地の反原発テントの住人を雇ってるのはどこ?
民団?

38: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 06:38:36.97 ID:IJ0t+OSi0
ソーラー発電の会社に就職とか言って
結局入社式の日と他二日間の打ち合わせだけしか行ってないんだっけ?
人に信用してもらいたいんなら地道に信用に足る行動をすればいいのに・・・・

53: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 07:02:43.11 ID:Itjq7DLk0
反権力に酔ってるだけじゃ?
各地での岩手、宮城の瓦礫処理にあんなに反対したらそりゃ被災地の風評被害は拡大するわな

72: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 07:30:07.88 ID:uObWJ9mc0
反原発のおかげで取材されまくりでよかったね

75: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 07:34:12.51 ID:izZ/yex40
永倉を演じた山口智允と原田を演じた山本太郎
同じ大河ドラマに出演したコメディアン同士

どこで差が付いたのだろう
環境、慢心の違い・・・

81: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 07:43:16.76 ID:ckIhbPOQ0

いろんな意味でこの人も震災被害者だね
83: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 07:45:15.04 ID:wQmcGuMt0
ただの活動家じゃねーかw

108: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 08:20:18.81 ID:dKTvSMZe0
山本太郎劇場ってやっぱり心から市民の為に活動していたのでは無く演じていたんですね。屑過ぎて噴きました。

110: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 08:39:06.18 ID:kqnJyOtl0
この人って元々こんな感じだったのかね?

こういうイメージ無かったから誰かが余計なこと
吹き込んでおかしくなったんだと思ってるんだけど

113: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 08:41:06.48 ID:pHilqp0+O
もう普通に芸能人として生きていけばいいのにな

119: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 09:34:39.27 ID:E0kQ5NME0!
反原発キャラもさすがに本人も飽きてきたか

121: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 10:23:41.30 ID:Si1i4bcZ0
舞台化決定

128: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 11:50:41.38 ID:OpWdk+CDP
山本は市民運動じゃなく
グリーンピースとかのプロ市民に利用されてるだけなのに
本人はそのいびつさを全然わかっていない

132: 名無しさん@恐縮です 2013/05/17(金) 12:03:51.72 ID:ADr7I6430
週刊『三里塚』(S870号2面8)(2013/04/22)
 三芝百景 三里塚現地日誌
 4月10日(水)~4月22日(月)
http://www.zenshin.org/syuu_san/s_back_no13/s870.htm#a2_8

>●山本太郎さんを講師に呼んで行われた首都圏新入生歓迎集会に
>全学連三里塚現地行動隊が参加した。(19日=写真)
no title


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆11月公開注目映画◆

溺れるナイフ
【公開日:2016年11月5日】
溺れるナイフ

ボクの妻と結婚してください。
【公開日:2016年11月5日】
ボクの妻と結婚してください。

ジャック・リーチャー
NEVER GO BACK
【公開日:2016年11月11日】
ジャック・リーチャー

ミュージアム
【公開日:2016年11月12日】
ミュージアム

この世界の片隅に
【公開日:2016年11月12日】
この世界の片隅に

裏切りの街
【公開日:2016年11月12日】
裏切りの街

きんいろモザイク Pretty Days
【公開日:2016年11月12日】
きんいろモザイク

幸福のアリバイ Picture
【公開日:2016年11月18日】
幸福のアリバイ

ガール・オン・ザ・トレイン
【公開日:2016年11月18日】
ガール・オン・ザ・トレイン

orange 未来
【公開日:2016年11月18日】
orange 未来

マイ・ベスト・フレンド
【公開日:2016年11月18日】
マイ・ベスト・フレンド

聖の青春
【公開日:2016年11月19日】
聖の青春

劇場版 暗殺教室 365日の時間
【公開日:2016年11月19日】
劇場版 暗殺教室

機動戦士ガンダム
THE ORIGIN IV 運命の前夜
【公開日:2016年11月19日】
機動戦士ガンダム

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
【公開日:2016年11月23日】
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

イタズラなKiss THE MOVIE
ハイスクール編
【公開日:2016年11月25日】
イタズラなKiss

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章
【公開日:2016年11月25日】
CYBORG009

メン・イン・キャット
【公開日:2016年11月25日】
メン・イン・キャット

劇場版 艦これ
【公開日:2016年11月26日】
艦これ

疾風ロンド
【公開日:2016年11月26日】
疾風ロンド

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク