【話題】アニメは手塚治虫の「発明」だった

1: yomiφ ★ 2013/05/28(火) 23:15:55.11 ID:???
no title

■省略が生んだアトムの世界

 手塚治虫の人気キャラクターが、ブラウン管の中で動き回る。
昭和38年1月1日、フジテレビで放送が始まった
日本初の連続テレビアニメ「鉄腕アトム」は、多くの子供たちの心をわしづかみにした。動くアトムの誕生は、50年にわたって独自の進化を遂げ、
今や「クール・ジャパン」の代表格となった日本のテレビアニメの幕開けだった。

■常識破りの手法

 「『アトム』はアニメーションではなく、アニメです」

 手塚は虫プロダクションのスタッフの前でそんな持論を語った。劇場用アニメが
「まんが映画」と呼ばれていた時代だ。「アニメーションをただ略しただけでは?」。
スタッフの一人で、その後「タッチ」や映画「銀河鉄道の夜」などを監督した杉井ギサブローさん(72)は、手塚の真意が分からなかったという。

 東映動画(現・東映アニメーション)を経て虫プロ設立に参加した杉井さんは、
幼少期にディズニーの「バンビ」を見てアニメ制作を志した。
手塚は大のディズニーファン。
「すごい作品を作るはず」という期待とは裏腹に、手塚は常識破りの手法を次々と採用した。
セル画の枚数を減らすため、背景や動画を使い回したり、口や足といった体の一部だけを動かしたり…。
手塚が「アトム」で目指したのは、米国でも試行されていた
「リミテッド・アニメーション」の省略と合理化だった。

■新旧交差の現場

 「一番はじめのころは、30分を7人くらいで作っていた。東映動画では200人ほどで描いていた時代。驚異的なシステムだった」

 セル画の多い「フルアニメーション」を経験してきた杉井さんは「紙芝居じゃないか」と困惑した。
しかし、完成した1話を見て感想は一変する。
「物語性を前面に出せば、動かなくても面白い。ショックだった」

 最高視聴率は40%超。おもちゃや文具といった関連商品が次々と発売され、他社も相次いでテレビアニメに参入するきっかけとなった。「手塚先生は『アトム』を“発明”し、日本に『アニメ』という産業を作り上げてしまった」と杉井さんは振り返る。

 「手塚先生の本性は漫画家でもアニメ制作者でもなく、物語作家。物語を伝えることに大きな興味があったからこそ、思いついた手法でしょう」。
「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親、富野由悠季(よしゆき)さん(71)はそう語る。

 富野さんも昭和39~41年、アトムの演出などを手がけた一人だ。
外部プロに作画を注文する作業も担当した。
外注先には、日本初のフルセル画アニメ「くもとちゅうりっぷ」を手がけ、
「日本のアニメーションの父」と呼ばれる政岡憲三といった大御所もいた。

 「大アニメーターに向かって、手塚先生がアトムの描き方を講義する。僕はその橋渡し役ですから、ある意味ひどい目にあった。
しかも、できあがってきたものは極めてクラシックで、
リミテッドの方法と根本的に違う」と、当時の困惑を懐かしそうに語る。

 実写志望だった富野さんは「アトム」の簡略表現に違和感も覚えていた。
「外注で『古くていい仕事』を見ることができたのは大きかった。
『物語がしっかりしていれば動かなくてもいい』と思う一方で、
同じ漫画絵を動かすにしても、これだけ幅があると知った」

 独立してアニメーターとして活躍したり、制作会社を作った虫プロ出身者は多い。
新旧文化と技術が交差する「アトム」の現場は、創造的な“学舎”でもあった。
>>2へつづく)

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130528/ent13052807580001-n1.htm

元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1369750555/



スポンサーリンク

2: yomiφ ★ 2013/05/28(火) 23:16:28.17 ID:???
■再び常識突破へ

 日本動画協会によると、年間に放送・公開されるアニメは、テレビと映画合わせて
200作以上、関連商品を含む市場規模は1兆3千億円以上。
「アトム」から半世紀、日本は世界有数のアニメ大国となった。

 ただ、富野さんは「人々がテレビアニメという媒体が抱える問題を疑わなくなった。
蛸壺(たこつぼ)にはまってしまっている」と苦言を呈し、「物語をいかに作るかで勝負しないと」と訴える。
前出の杉井さんは、デジタル表現の進化やネットの普及に触れ、「ほかのメディアと
同様にアニメも変わらざるを得ない。手塚先生が自由な発想で時代とシンクロしたように、また、新しい挑戦ができる」と話す。

 より時代に即した「伝える」方法を探して、常識に挑む。そんな手塚のDNAは、
新しい時代にも求められている。

no title

「当初はスタッフも少なく、切羽詰まるとまともに寝られない生活でした」と
振り返る杉井ギサブローさん

no title

「手塚先生が『同じようなことをやっているから視聴率が落ちるんですよ』と怒ることもあった」と明かす富野由悠季さん

(了)

3: なまえないよぉ~ 2013/05/28(火) 23:19:03.61 ID:TwTEY2J1
手塚先生が偉大なのはわかるけど、ちょっとオーバーじゃない?

5: なまえないよぉ~ 2013/05/28(火) 23:22:43.46 ID:PS8gxWJp
>>3
ちゃんと記事読めばわかるけど、「アニメーション」じゃなくて日本的な「アニメ」の発明者ってことだから正しい

というかこの杉井ギサブローが話してる内容も有名すぎて、何で今更記事になったかよくわからんくらいだ

54: なまえないよぉ~ 2013/05/29(水) 08:22:19.23 ID:A2W9Yd9s

>>5
みたいな「有名すぎ」とか「何で今更」全般については、
お前らが爺婆になるってのは新入りもそれだけ生まれるってコトだと諭してあげたい。
過去に出た話題を封じるとかジャンル終わらせる気かよ。

7: なまえないよぉ~ 2013/05/28(火) 23:24:56.42 ID:KckHPxEd
手塚先生は偉大だわ

で、アニメーター に低賃金で過酷な労働を全て押し付けたんですね。

11: なまえないよぉ~ 2013/05/28(火) 23:38:20.90 ID:33e2h1pq
実際目ぇいっぱいお金かけて作画演出したギルクラより
FLASHアニメの鷹の爪や
低ポリゴン3DCGつきラジオトーク番組のようなgdgdが
たまに面白かったりするから
アニメは動いてこそ云々は一概には言い切れない

プロデューサーは常に費用対効果を考えてないといけない

26: なまえないよぉ~ 2013/05/29(水) 00:50:44.54 ID:NAl/N6zW
そういや世界最後のセル画制作サザエさんのデジタル回が多くなってきたね
目に優しい昔懐かしいセルアニメも完全終了も近いんだろうな…

28: なまえないよぉ~ 2013/05/29(水) 01:06:57.50 ID:XY1fwgs9

>>26

デジタルって折り紙一枚貼り付けたみたいな単調な色彩が味気ないよな
セル画はプロが塗っててもやっぱりムラがあってそれがいいんだなぁと
現状、双方の比較ができるサザエさん見てると思い知る

42: なまえないよぉ~ 2013/05/29(水) 04:40:13.68 ID:O5dco5oE
宮崎駿に話を聞いてこよう

44: なまえないよぉ~ 2013/05/29(水) 04:51:53.09 ID:pHYIi0+K
>>42
聞かなくてもわかんだろ。

紙芝居の手塚アニメに反発してフルアニメーションで大成功したのが駿なんだから。

ある意味では手塚本来の意思を引き継いで実現させたとも言える。

45: なまえないよぉ~ 2013/05/29(水) 04:59:36.68 ID:f+Yi+o1m
手塚が目指したのは当時のディズニーアニメだったはず……

49: なまえないよぉ~ 2013/05/29(水) 06:21:55.27 ID:9rxwSUql
まあ、最初の頃は手塚の資産だけで作ってたし、
そうそう金掛けられなかっただろうしな。
紙芝居でも面白いのは、漫画の延長と考えれば当然の帰結。
むしろ、動かすことに腐心してストーリーをおろそかにするのは芸術指向すぎる。

50: なまえないよぉ~ 2013/05/29(水) 06:44:02.79 ID:6LWW+zTe
アニメをゲームに変えてレス読むと今のゲームがつまらん理由がわかる

52: [―{}@{}@{}-] なまえないよぉ~ 2013/05/29(水) 08:13:24.17 ID:pE4SPWM7
俺、小さい時、リボンの騎士とかジャングル大帝とかワクワクして見てたなー。
今見ても面白いと思うよ。
手塚治虫じゃないけど名作劇場とか。

55: なまえないよぉ~ 2013/05/29(水) 08:39:01.54 ID:92DRssps
内容を落として絵を全部CGにしちゃって海外を市場にすればアニメーターの食い扶持問題は
解決できると思うよ。
ハルヒとアンパンマンも1コマあたりの単価はそうかわらんだろ?!。

個人的には巨人の星のインド向けのやつみたいに‘ダウンコンバート’に期待したい。中国向けとか作って。
原作コンテンツは無限といっていいほどの量だからな。手塚は自分の名誉から逆算してシステムを作り上げたんだよ。

56: なまえないよぉ~ 2013/05/29(水) 08:51:38.53 ID:jyT7LzOm
>>55
・質を落としても制作費が下がらない
・海外で売れる

こんな有り得ない前提で解決すると言われても・・・


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆6月公開注目映画◆

LOGAN ローガン
【公開日: 2017年6月1日】
LOGAN ローガン

ゴールド 金塊の行方
【公開日: 2017年6月1日】
ゴールド 金塊の行方

トモダチゲーム 劇場版
【公開日: 2017年6月3日】
トモダチゲーム 劇場版

女流闘牌伝 aki アキ
【公開日: 2017年6月3日】
女流闘牌伝 aki アキ

光と血
【公開日: 2017年6月3日】
光と血

ブラッド・ファーザー
【公開日:2017年6月3日】
ブラッド・ファーザー

怪物はささやく
【公開日:2017年6月9日】
怪物はささやく

22年目の告白 私が殺人犯です
【公開日:2017年6月10日】
22年目の告白 私が殺人犯です

KING OF PRISM PRIDE the HERO
【公開日: 2017年6月10日】
KING OF PRISM PRIDE the HERO

パパのお弁当は世界一
【公開日:2017年6月10日】
パパのお弁当は世界一

めがみさま
【公開日:2017年6月10日】
めがみさま

こどもつかい
【公開日: 2017年6月17日】
こどもつかい

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
【公開日: 2017年6月17日】
劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー
【公開日:2017年6月17日】
スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー

TAP THE LAST SHOW
【公開日:2017年6月17日】
TAP THE LAST SHOW

ハーフネルソン
【公開日:2017年6月17日】
ハーフネルソン

リベンジ・リスト
【公開日:2017年6月17日】
リベンジ・リスト

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章「発進篇」
【公開日:2017年6月24日】
宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章「発進篇」

結婚
【公開日:2017年6月24日】
結婚

ジーサンズ はじめての強盗
【公開日:公開日:2017年6月24日】
ジーサンズ はじめての強盗

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク