【インタビュー】アニメ界の俊英・長井龍雪監督、セオリーを破り自由に描いた「あの花」

1: オムコシφ ★ 2013/08/30(金) 20:25:22.73 ID:???
「超平和バスターズはずっとなかよし」――涙を誘ったテレビアニメ
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称「あの花」)のエンディングから
1年後を舞台に、劇場版では5人の少年少女が再び”あの日”に思いを馳せる。

ひと夏の出来事を通して、ある事件をきっかけに心に傷を負った若者の葛藤(かっとう)と再生を丹念に描き、社会現象にまでなった同シリーズは、どのように生み出されたのだろうか。
仕掛け人である長井龍雪監督が語った。

「あの花」プロジェクトは、長井監督、脚本家の岡田麿里、
キャラクターデザインの田中将賀という人気アニメ「とらドラ!」を生み出した
名チームによって動き出した。
「とらドラ!」は竹宮ゆゆこ氏のライトノベルが原作だったのに対し、
「あの花」は長井監督初のオリジナルアニメとなった。
「テレビシリーズのアニメは、マーケティング的なものなど、
ある程度制約があるんですが、わりと自由にやらせてもらいました。
今までのアニメだったら『こうやったらセオリーだよね』という部分を、
逆に『セオリー通りじゃなくてもいいじゃん』という風にやらせてもらえたんです。
制約をつくらずに意識して好きなことをどんどんやるということが、
“やりたいこと””好きなこと”につながったのかなと思います」

離ればなれになっていた少年少女の再会、淡い恋心、そしてトラウマとなった過去の傷を乗り越えていく成長記――これらのテーマは決して目新しいものではない。
しかし、リアリティあふれる描写のなか、
現代的な高校生5人の心の揺れ動きを繊細に描くため、”狂言回し”の役割を担う少女の幽霊を登場させることで、「あの花」特有の世界が完成した。
劇場版は、テレビアニメを再編成したダイジェストと新たに用意した映像で構成し、
別れを経験した若者が小さくも大きな一歩を踏み出す姿を映し出す。

「『劇場版を!』という感じではなかったんですよ、気負いとかもまったくなくて」と総集編として始動しつつも、
「過去に秩父でやったイベントでの朗読劇があって、そのときにふわっと考えていた部分がもともとあったので、
特に悩まず自然と出てきました」と新たなパートがつくり上げられた。
テレビアニメの放送開始以来、イベントや”聖地巡礼”などファンとともに成長してきた「あの花」らしく、「キャラクターたちと、もともとの話のブレはなかったですよね。
でも、好きでいてくれるファンの声には応えたい気持ちがあったので、
新作部分をつくっていきました。

あなるがよく髪をおろすようになったのは、ファンの方の声も聞いて、
そっちの方が人気があったから(笑)。
そういった意見もすこし取り入れていきました」とファンの熱い思いも組み込んだ。

「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は、
8月31日から全国で公開。

no title


元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1377861922/



スポンサーリンク



2: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 20:26:13.41 ID:PsZ1yTh/
あの花は名作だったな

4: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 20:31:29.19 ID:aGmwNuF1
夏にぴったり。お涙頂戴ものです。

6: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 20:38:03.05 ID:tOLwJQp3
OPもEDも好き
再放送見てよかった

8: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 20:40:35.14 ID:MbWgpcz6
岡田の作品は二回見たいと思わない不思議

44: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 22:38:36.32 ID:XaGmnt2I
>>8
俺はあの花二回目見てる。
そして、花咲くいろはも再放送したら、必ずまた見る。

10: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 20:41:39.02 ID:GBmpEToG
歳をとると、変に深読みさせられる中二全開の作品より、
「あの花」のように単純に泣かせる、笑わせるといった
エンタメ性の高い作品に惹かれるようになる

23: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 21:00:52.85 ID:Hpb9B0H2
news.mynavi.jp/news/2013/08/30/335/index.html

『劇場版あの花』先着10万人に”泣いてもいいんだよボックスティッシュ”配布
TVアニメ放映時から大人が泣けるアニメとして評判だったという本作は、
8月に行われた『劇場版 あの花』一般試写会アンケートで全体の92%が「泣いた!」、
全体の90%が「アニメを観ない人におすすめ」と回答。

事前に実施されていたマスコミ向けの試写会でも会場内からすすり泣きの声が聞こえてくるなど感涙間違いなしの仕上がりと言われており、今回のプレゼントが決定。

26: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 21:15:57.34 ID:76kSvxYs
ハズレ率が以上に高すぎるフジのあのアニメ枠の中で
例外的にあたりを出したから必死ですね

45: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 22:40:12.67 ID:XaGmnt2I
>>26
ノイタミナの作品は、なかなか良作多いと思う。

49: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 23:35:54.04 ID:IpUif22P
>>45
フラクタルのことはもう忘れてやれよ

42: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 22:30:31.62 ID:7VVmqnho
あのED曲はちょっとずるいわw

43: なまえないよぉ~ 2013/08/30(金) 22:34:38.69 ID:L2nNv/m7
セオリーどおりじゃないかな

58: なまえないよぉ~ 2013/08/31(土) 01:13:40.46 ID:fTQgpVN/
いいアニメだとは思うが、まず映画館で観たい内容ではないね。
話のスケールも、テレビ版で程度が知れてる。

それに、映画館から泣いて出てくるおっさんとか
見つけられた瞬間に憐れみの対象だわw

しかもこのアニメだとバレたら余裕で死ねる。
泣かない自信もないし、泣いて出てくる勇気もない
だから観に行かないw

70: なまえないよぉ~ 2013/08/31(土) 11:32:31.28 ID:bExWSYW6
セオリー通りになったらどうなってたと言いたいんだこの記事

72: なまえないよぉ~ 2013/08/31(土) 18:23:05.65 ID:6oqx7S5v
ていうか普通に評価高いから

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆11月公開注目映画◆

溺れるナイフ
【公開日:2016年11月5日】
溺れるナイフ

ボクの妻と結婚してください。
【公開日:2016年11月5日】
ボクの妻と結婚してください。

ジャック・リーチャー
NEVER GO BACK
【公開日:2016年11月11日】
ジャック・リーチャー

ミュージアム
【公開日:2016年11月12日】
ミュージアム

この世界の片隅に
【公開日:2016年11月12日】
この世界の片隅に

裏切りの街
【公開日:2016年11月12日】
裏切りの街

きんいろモザイク Pretty Days
【公開日:2016年11月12日】
きんいろモザイク

幸福のアリバイ Picture
【公開日:2016年11月18日】
幸福のアリバイ

ガール・オン・ザ・トレイン
【公開日:2016年11月18日】
ガール・オン・ザ・トレイン

orange 未来
【公開日:2016年11月18日】
orange 未来

マイ・ベスト・フレンド
【公開日:2016年11月18日】
マイ・ベスト・フレンド

聖の青春
【公開日:2016年11月19日】
聖の青春

劇場版 暗殺教室 365日の時間
【公開日:2016年11月19日】
劇場版 暗殺教室

機動戦士ガンダム
THE ORIGIN IV 運命の前夜
【公開日:2016年11月19日】
機動戦士ガンダム

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
【公開日:2016年11月23日】
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

イタズラなKiss THE MOVIE
ハイスクール編
【公開日:2016年11月25日】
イタズラなKiss

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章
【公開日:2016年11月25日】
CYBORG009

メン・イン・キャット
【公開日:2016年11月25日】
メン・イン・キャット

劇場版 艦これ
【公開日:2016年11月26日】
艦これ

疾風ロンド
【公開日:2016年11月26日】
疾風ロンド

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク