ガタカ【ネタバレ|感想|評価|評判|iTunesレビュー】遺伝子工学が進歩した未来社会を舞台に人間の尊厳を問うサスペンスSF

1: ガタカ(字幕版) – アンドリュー・ニコル 2014/04/10 07:58:11
gataka

(字幕版)DNA操作で生まれた“適正者”だけが優遇される近未来“不適正者”として自然出産で生まれた若者が適正者に成りすまして宇宙へ旅立とうとするが・・・。
© ? 1997 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

元スレ:https://itunes.apple.com/jp/movie/gataka-zi-mu-ban/id397126084?ign-mpt=uo%3D2



スポンサーリンク



2: 孤独と愛の描かれ方が独特で 2010/12/24 01:20:00 pi_k
ジュード・ロウ演じるエリートが「身分を貸す代わりに夢をもらって」
イーサン・ホーク演じる不適正者を愛して守ることになっていくんだなあ。

身体能力に優れ、IQも無茶苦茶高いエリートらしさを自宅に捜査員が訪ねてくるところで一気に披露するんだけれど、ジュード・ロウがその設定をとても鮮やかに演じていたのが感動的。

「SFの名作」といわれているから一応みてこうかなあ、くらいの軽い気持ちで見たけど、不覚にも最後の方は泣いてしまった。

3: よかったです。 2011/01/04 13:55:00 imomusi
派手さはないけれど、じんわりと感動を味わえる作品です。
夢を叶えるために精一杯の努力とあらゆる手段を使い、生まれながらにして定められた不適正の人生を変えていきます。
最後には、主人公の左の口角を上げて笑う笑顔がかっこ良く見えて、大好きになっていました。

4: 評価の難しい作品 2011/01/05 11:35:00 太郎 山本
ちょっとネタばれ含みます。

私が初めて見たのは2002年ごろ、まだ高校生でした。
当時(今もですが)私はひねた高校生でした。
映画のテーマは「努力と才能」でしたが、この映画はあまりにありえないと思いました。
努力すれば寿命も延びるのかと。アホかと。

しかし、未だに私の記憶に残り続けているのは、作品として素晴らしかったからだと信じています。
ひねた感想を口にしながら、心を大きく揺さぶられて、勇気つけられていました。
特に主人公が兄と海での遠泳の場面。音楽、カット、結果の全てが美しく、今でも脳裏に焼きついて離れません。

また、ジュード・ロウのラストは、言葉になりません。
銀メダルを映したときに、彼が人生に満足したことをしりました。
ようやっと彼は2番でなくなったのでしょう。

この映画は名作ではないと思います。
でも、私の心に残り続けています。
願わくば、あなたの胸にも残り続けてほしいと思います。

5: 一見ただのSFでしたが、 2011/01/10 11:22:00 あん。。。
名作と言われただけあって、なんとなく心に残り、
一度見終わった後に、メインの二人の心の動きと、それを象徴するシーンが印象深く思い出され、
全体が良く構成されたいい映画だとじんわりと思える映画でした。
SFではありながら、独特なつくりで、万人受けしないかもしれませんが、
よく作られた名作の部類に入るのではないでしょうか。
個人的にはいくつかのシーンが脳裏に残る印象深い映画でした。

6: 10年以上前の映画とは思えない! 2011/01/15 00:36:00 Tomoki Kinoshita
他の方の評価が高かったのでレンタルしたんですが、かなり良かったです!
SFというよりも人間ドラマ。クールな映像もカッコイイ。そして考えさせられる映画でした。
HD版をいずれ購入したいなと思わせる逸品!

7: いい話だ 2011/01/30 13:36:00 hironosuke1974
設定や展開など全てGOOD!
ジュード・ロウがいい演技してる、ほんとに。

8: 大人向けSF 2011/04/02 22:07:00 フラワーロック2.0
過激な映像がある訳でもないですが、大人向けの映画ですね。
宇宙人もレーザー銃もないけど車椅子がある、静かな映画。

美しく管理された芝生の中に、そこにあるはずのない雑草が凛とした花を咲かせているのを見つけたら、あなたはどうするだろうか?

鑑賞者の心理はおおむね以下のように推移すると思われる。

いや、わかるよ、そりゃあんただって十分気をつけてはいるんだろうけれども、だってほら、あんた自体がその、異物ときたもんだから、そら、それ、あーあ、やらかしちゃったよこのヒト、言わんこっちゃない、だから最初から無理なんじゃねって俺思ってたし。おい、どうすんだよ、ばれちまうぞ。

・・・ふう、なんとか切り抜けたな、おい、運が良かったよなあ、
お前さあ、これからどうすんの?? ええ??まだ頑張んのかよ、そうかよ、なら頑張れよ、仕方ねーから俺も応援するよ。

ってな感じで観客はいつしか主人公の気持ちになっている、
一緒になってドキドキしてる。
これって=ジュード・ロウの気持ちなんだけど、最後にああいう風に持ってかれるとね、観客だった俺があれ、あれれどうしちゃったのさー、みたいな気持ちになるわけで、この映画が印象に残るのは見た人がそういう心理に少なからず持ってかれるからじゃないかな、と分析してみたり。

久しぶりに観て、いまだったらハンディカム視点で一人称の絵を作ったりするんじゃないかなーなんて思いました。心臓の鼓動音なんかも入れたりなんかして。

9: 未来の人間ドラマ 2011/04/29 13:58:00 3年青春組
ジャケットを見ると超SFっぽいですが、中身はほぼ未来において想像されうる人間ドラマです。

10: 毛に注意! 2011/05/05 17:58:00 BellTree0902
1997年に公開された映画ですが、時代を感じさせず、近未来を現実的に表現されていて、とても深い作品です。

人間の成し得る限界は、生まれ持った遺伝子だけに左右されるのではなく、「意志」により人生の道が開かれ、また「優秀な遺伝子」を持った人間であっても「運命」により人生が左右されることを描いたSFとサスペンスの要素を加えた人間ドラマ。(wikipedia引用)

私はこの映画を観て主人公に引き込まれました!
なのでスリルもより感じられ、手汗を握ってしまいます(笑。

とにかく、
この映画を観て、自分の「夢」に対する情熱は運命を変える力があると思いました。

最後のクレジットで青字で強調されているG、A、T、Cにも意味があります。
よく設定が考え込まれている映画なのでしっかりと映画を観たい人には良いかもしれません。

ゴールデングローブ賞にもノミネートされているので、是非観てみては!

11: 一つの物語としては面白い 2012/04/08 20:34:00 まぁたんです
この映画のメッセージ性はあまり好きになれない。

12: 人間ドラマとしてSFを最大限に活かした名作 2012/06/19 03:08:00 mitsuyoshi yamamoto
「自分ではどうしようもない運命にどう立ち向かうのか?」
というヒューマンドラマとしての骨子の上に
「遺伝子で職業の適正が決められてしまう近未来において、遺伝子詐称を犯す」
というサスペンスが敷かれているため
クライマックスを辿るまで主人公の行く末が読めずハラハラするが、最後の落とし所で泣ける

無機質でソリッドな空気感に加えて、落ち着いた演出やセリフ回しのため
SFと聞いて賑やかなものを想像する人は検討が外れると思う

が、見て損は無し

13: 努力とか 2012/10/01 00:10:00 政志 村上
他人に自分の決めさせてはいけない!そんな事を教えてくれる映画。オススメです!

14: 不覚にも・・ 2012/12/21 23:39:00 ガダルナルタカ
泣いてしまいました・・
最近どんな映画を観てもつまらなく感じたのに、
これは違いました。
最後、検査員?が見逃してくれたシーンが好きです。
彼も夢をもらっていたんですね。

15: 良かったですよ 2012/12/23 19:48:00 lightspeeddrive
近未来ものは、DNAとコンピューター支配が定番だけど、これもその類。

まずまず、まとまりは良いと思います。
はらはら、ドキドキ感は少ないけれど、こんな世界があり得るのかもと想像させることには、成功しているような気にはなれました。

意識的にアクション部分をカットした脚本なのだろうが、メリハリの無さがフラストレーション。これも意識した演出と明らかに感じるが、成功してないのではないかな。

1950年代なんでしょうか、このファッションと小物使いも鼻につく。
良いのか悪いのか、よく分からんけど、良い方でしょう。

16: 最後のシーン 2012/12/30 23:15:00 古希党
「地球には居場所がなかったが
去るには辛かった」
という言葉が二人の切実な思いであったかと
思うと自然に涙が頬をつたわりました。

17: ジュード・ロウがいい演技 2013/01/12 15:42:00 knaboj
遺伝子操作や優生学をテーマにしたSF。
派手な演出はないが、小説的で面白い。

18: (=゚ω゚)ノサイアク 2013/02/24 13:16:00 かのえねむつき
退屈で小便臭い(実際尿検査がしょっちゅう出てきます)、フランス映画のような陰気でじめじめした映画。と言えば言い過ぎでしょう。
けれどこれが偽らざる感想です。
近未来とはいえ、ネクタイ締めてスーツ姿で土星行くかなあ、とか。
もう少し映像的な努力をしてほしかった。
これはSFにする必要なかったんじゃないのでしょうか?

19: 味わい深い 2013/05/19 20:19:00 k10a1
この映画の良さは、努力は報われるといった単純な物語ではなく、ひとりひとりの登場人物が心の底にそっとしまい込んでいる言葉に出来ない苦悩や弱さが最後に垣間見られる点でしょう。

そのひとつひとつが、なぜか私達も共感できるために、この映画を不思議な感覚で記憶に残させてしまう。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆11月公開注目映画◆

溺れるナイフ
【公開日:2016年11月5日】
溺れるナイフ

ボクの妻と結婚してください。
【公開日:2016年11月5日】
ボクの妻と結婚してください。

ジャック・リーチャー
NEVER GO BACK
【公開日:2016年11月11日】
ジャック・リーチャー

ミュージアム
【公開日:2016年11月12日】
ミュージアム

この世界の片隅に
【公開日:2016年11月12日】
この世界の片隅に

裏切りの街
【公開日:2016年11月12日】
裏切りの街

きんいろモザイク Pretty Days
【公開日:2016年11月12日】
きんいろモザイク

幸福のアリバイ Picture
【公開日:2016年11月18日】
幸福のアリバイ

ガール・オン・ザ・トレイン
【公開日:2016年11月18日】
ガール・オン・ザ・トレイン

orange 未来
【公開日:2016年11月18日】
orange 未来

マイ・ベスト・フレンド
【公開日:2016年11月18日】
マイ・ベスト・フレンド

聖の青春
【公開日:2016年11月19日】
聖の青春

劇場版 暗殺教室 365日の時間
【公開日:2016年11月19日】
劇場版 暗殺教室

機動戦士ガンダム
THE ORIGIN IV 運命の前夜
【公開日:2016年11月19日】
機動戦士ガンダム

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
【公開日:2016年11月23日】
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

イタズラなKiss THE MOVIE
ハイスクール編
【公開日:2016年11月25日】
イタズラなKiss

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章
【公開日:2016年11月25日】
CYBORG009

メン・イン・キャット
【公開日:2016年11月25日】
メン・イン・キャット

劇場版 艦これ
【公開日:2016年11月26日】
艦これ

疾風ロンド
【公開日:2016年11月26日】
疾風ロンド

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク