アンストッパブル【ネタバレ|感想|評価|iTunesレビュー】トニー・スコット監督&デンゼル・ワシントン&クリス・パインがタッグを組んだ実話物語

0:アンストッパブル (日本語吹替版) – トニー・スコット 2015/01/12 17:13:24
ans

(日本語吹替版) ペンシルバニア州の操車場に停車中の貨物列車777号が、整備員のミスによって走り出した。全長約800メートルに及ぶ777号には、大量の化学薬品が搭載されているという戦慄の事実が判明。このままでは列車は人口密集地域の街に突っ込み、取り返しのつかない惨劇になることは明らかだった。その頃、同じ路線で旧式機関車1206号を走らせていたベテラン機関士フランクは、非常事態を察知し、初めてコンビを組んだ若き車掌ウィルと共に777号の追跡を開始。しかし、それは自殺行為に等しい、あまりにも無謀な決断だった。それでも男としてのプライドに突き動かされたフランクとウィルは、決死の覚悟で暴走列車に立ち向かっていくのだった…!




スポンサーリンク



1:期待はずれ 2011/04/28 19:26:00 カスタ
最初の方は、ドキドキして、この後どうなるのか!?
と言う期待感が膨れましたが、最後はしりつぼみでした。。

映画 スピード の様なハラハラを期待しましたが、遠く及びません。

結論 レンタルで十分。。。



3:いいよ! 2011/04/30 04:14:00 一裕 西本
ほかの方のレビューを見たが、自分的には見やすい映画だ。
変にストーリーの交差もなく、ハラハラした。
俳優もマッチしている。

まぁ、足が痛くなる映画です。

是非!!



4:いやー、惜しい。非常に惜しい 2011/05/01 18:02:00 盆地
途中までは息を飲むハラハラドキドキで盛り上がってたのに、途中で「作戦」とやらで減速目的に投入されたニ両の列車。
そのニ両の列車の運転手の下手なこと下手なこと・・・。

ベテランという設定らしいが、どう考えてもあんなガッツンガッツンぶつけて止めようとするなんて、映画だとしても有り得ない。
あれだけで、あの行為だけで一気に冷めてしまった。

ヘリから降りようとした海兵隊出身者を気絶させるための設定なんだろうけど、
あんな有り得ないぶつけ方させるのなら気絶も要らない、逆効果だ。



7:最高 2011/05/05 15:21:00 内鉄
試写会で見てとても、はらはら、どきどきした。
アンストッパブル  最高


9:トニー恐るべし! 2011/05/08 00:02:00 宗方仁
これだけ単純なストーリーでここまで
面白いとは!トニースコット恐るべし。


11:思わず 2011/05/11 23:11:00 sen5396
「あっ」と声をあげてしまう程
夢中になれる素晴らしい映画でした。

字幕でなかったのが本当に残念…



12:カテゴライズが不適切 2011/05/15 16:06:00 寝坊対策捜索
字幕カテゴリーで出てきますが吹き替えです。


13:久しぶりの駄作 2011/05/18 13:55:00 hyt DJ.
デンゼル氏はとても好きな俳優さんです、ただこの映画はあの本を持ち歩く映画に次いでワースト2でした。

残念。とても好きなので次に期待したいです☆



14:アクション映画として面白いと思うよ。 2011/05/23 22:19:00 ファミコンマニア
アメリカ型DLが好きなので楽しく観れました。

まあ普通なら安全性的にあり得ない対処方法でDLを停止させようとしていますが、日本型貨物とは桁違いのDLの迫力が伝わって良いかなと・・・。

貨物列車に興味の無い方には内容的に物足りないかも。



15:楽しめましたよ! 2011/05/28 23:27:00 YACCO-DH
 確かに字幕版が良かったかなと思いますが、日本語吹き替え版でも十分楽しめました。

顛末としては、最初からそうすれば…という気がしないでもありませんでしたが、
「でも、これが世の常だよなぁっ」て単にアクション映画としてではなく、リアリズムも感じさせてくれる映画だと思いました。

僕はOKです!十分楽しみました。 

一つだけ不思議なのは、DVDのカバーを飾っている列車と、実際に映画に登場する列車のデザインが違うのは何でだろう?

あえて違える必要はなかったんじゃないかなって、その点が気になりました。



16:実話 2011/06/06 01:32:00 cotoci
実話なんですよね、脚色はされてるんでしょうけど、、、こんなこと考えられない。
こういう手の映画ってイライラするんですけど、そんなにしなかったかな。

デンゼルさんのスタントはすごい!

鉄道マンって奥が深い仕事なんですね!



17:おもしろい 2011/06/17 21:12:00 首藤 介伸
ストーリーは単純明快。
分かっていてもハラハ
ラ感ありです。

意外性な面白さではなく、素直に楽しんで下さい。
30年前のアクション・アドベンチャー映画ってこんな感じでしたよね。



18:見る価値あり! 2011/06/18 01:08:00 まえちん
これね。映画館で見たんですよ。
ちょうどスケジュールが空いたんで見ました。

ぜんぜん期待してなっかたんだkrど、見終わった後の満足度はすごくみたされました。
レンタル400円?見なきゃ損します。



19:まぁまぁ 2011/06/21 15:14:00 大喜 土居
普通かな。って感じです。


20:。観てよかった 2011/07/12 11:43:00 ぽにょwwwww
久々に良い映画観ました。

息子が映画館で見て感動したとはいってたけど 、昔のスピードって作品想像しちゃって。

全然違うのね。
ストーリーがシンプルなだけにすごいあと思います。



21:いいね。 2011/07/18 20:25:00 モンハンの達人
見てよかったよ。

機関車が車とぶつかった時に左前方のライトが壊れたが、
最後のシーンでは‼…



22:予想に反してに面白かった 2011/07/23 20:15:00 zulu_nox
列車の暴走を止めるというありがちなストーリーですが退屈することなく見ることが出来ました。

テロリストや裏切り者も出てきませんが暴走を止めるという目的だけに焦点を当てて面白いです。

様々な方法で止めようと挑むので内容は意外と濃いと思います。



23:楽しめました 2012/01/20 23:53:00 gajuの感想
いかにもってキャラの俳優が電車を走らせてしまう

引退近いベテランと影がありそうな若者が 命がけの勝負にでる

バックで追いかけるノロいはずの汽車がなぜか 暴走列車に追いつく

内容が単純だから、あまり深く考えずに観れたよ



スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆11月公開注目映画◆

溺れるナイフ
【公開日:2016年11月5日】
溺れるナイフ

ボクの妻と結婚してください。
【公開日:2016年11月5日】
ボクの妻と結婚してください。

ジャック・リーチャー
NEVER GO BACK
【公開日:2016年11月11日】
ジャック・リーチャー

ミュージアム
【公開日:2016年11月12日】
ミュージアム

この世界の片隅に
【公開日:2016年11月12日】
この世界の片隅に

裏切りの街
【公開日:2016年11月12日】
裏切りの街

きんいろモザイク Pretty Days
【公開日:2016年11月12日】
きんいろモザイク

幸福のアリバイ Picture
【公開日:2016年11月18日】
幸福のアリバイ

ガール・オン・ザ・トレイン
【公開日:2016年11月18日】
ガール・オン・ザ・トレイン

orange 未来
【公開日:2016年11月18日】
orange 未来

マイ・ベスト・フレンド
【公開日:2016年11月18日】
マイ・ベスト・フレンド

聖の青春
【公開日:2016年11月19日】
聖の青春

劇場版 暗殺教室 365日の時間
【公開日:2016年11月19日】
劇場版 暗殺教室

機動戦士ガンダム
THE ORIGIN IV 運命の前夜
【公開日:2016年11月19日】
機動戦士ガンダム

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
【公開日:2016年11月23日】
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

イタズラなKiss THE MOVIE
ハイスクール編
【公開日:2016年11月25日】
イタズラなKiss

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章
【公開日:2016年11月25日】
CYBORG009

メン・イン・キャット
【公開日:2016年11月25日】
メン・イン・キャット

劇場版 艦これ
【公開日:2016年11月26日】
艦これ

疾風ロンド
【公開日:2016年11月26日】
疾風ロンド

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク