洋画、邦画、アニメ、Netflix などネタバレ、感想、評価、評判をまとめた2chブログ


【映画】「おおかみこどもの雨と雪」監督の新作「未来のミライ」は早くも世界からひっぱりだこ

1:shake it off ★ 2017/12/31(日) 12:14:34.23 ID:CAP_USER9.net
 「おおかみこどもの雨と雪」などで世界中に多くのファンがいるアニメーション作家、細田守監督(50)の新作プロジェクトが動き出した。2018年7月公開の「未来のミライ」で、4歳の男の子が主人公になる。東宝本社(東京都千代田区)で開かれた製作発表記者会見では、大勢の取材陣が集まる中「現場が面白がっている感じがいいなと思っていて、自分で言うのも何だが、ひょっとしたらちょっと見応えのあるものになりそうな気配がしている」と自信をのぞかせた。

■人間は愛なしには生きられない

「未来のミライ」は、4歳の男の子、くんちゃんに妹のミライができ、それまで一身に浴びていた両親の愛を妹に奪われたように感じるところが出発点になる。いじけるくんちゃんの前に未来からミライちゃんが現れて、ちょっとした冒険が始まる、という展開だが、細田監督は「世界の危機といった映画的サスペンスというよりも、もうちょっと自分自身を探す旅だったり、遠い昔のどこかに誰かがいたりして、だんだんこの世の中を開いていく、分からないことを開拓していく、そんな冒険になると思う」と説明する。

アイデアのベースは、細田監督自身の2人の子供だった。5歳の男の子と2歳になる女の子がいるが、2人のリアクションを見ていると、この世の中は何か豊潤(ほうじゅん)ないいものがたくさんあふれているのではないか気づかされ、そういう世界の広がりを映画を見る人と共有できれば、との思いで作っているという。

「僕は一人っ子なので、兄弟がいる感覚ってよく分からなかった。下の子が生まれるまで上の子は一人っ子だったわけだが、下の子が生まれた瞬間、親の愛、特に母親の愛をめぐる狂おしいばかりの争奪戦が起きて、ああ、人間というのは愛なしには生きられない、愛を奪われた人間というのはこのようにひどいことになるんだ、と感じた。失った方は、その後、愛について何を考えて、どういう答えを出すんだろう、といったことを、子供を見ながら考えました」

■家族には本質的なものが垣間見える

すでに絵コンテはできあがっていて、今は作画を進めながら、同時に声の出演者のオーディションをしている段階だという。上映時間は、119分だった前作の「バケモノの子」と比べると短い100分前後になる見込みだ。

映画の舞台は横浜市で、中でも中心部から少し外れた磯子区や金沢区近辺になる。「どうしてそこが舞台かというのは内容に関連があって、この家族にとって重要なことが過去に起きた場所という理由がある」とほのめかす。

細田監督といえば、「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」と、常に家族を描いてきた。今回も兄と妹という家族関係がモチーフになるが、「家族は興味が尽きないモチーフだと思う」と強調する。

「家族を描くことは今日的ですからね。家族そのものが時代に伴って変化しているし、変化している分だけ描く必要のあるモチーフでもある。子供だろうが大人だろうが、そこには本質的なものが垣間見えて、それがいとおしいものになるのだろうと思います」

■世界57カ国から配給の要望が殺到

海外でも人気の細田作品だけに、記者会見には外国メディアも出席し、熱心に質問を投げかけた。

フランスの記者から、4歳のくんちゃんの丸っこいキャラクターについて聞かれた細田監督は「男の子のかわいらしさを描くというのは、本当に作画をしていて楽しい。スタッフもみんな描いていて楽しいと言っているし、題材的にアニメーションに向いている。子供のほっぺたって何とも柔らかくて冷たくて気持ちいい。そんなことも表現したくなるようなかわいらしさがあって、何とか頑張って4歳の男の子の魅力を伝えたい」と力を込める。

また韓国の記者からは、韓国をはじめ海外でも公開前のプレミア上映をする予定はないかと、要望に近い質問が飛んだ。これには同席した齋藤優一郎プロデューサーが「一番いい形で世界に出していきたいし、長く見続けてもらいたい。そのことを一番に考えて、各国での届け方にさまざまな試みをしていくつもり」と返答。

スレッドURL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514690074/



スポンサーリンク

2:shake it off ★ 2017/12/31(日) 12:14:52.97 ID:CAP_USER9.net
齋藤プロデューサーによると、2017年5月のカンヌ国際映画祭で海外セールスを図ったところ、まだ完成してもいないにもかかわらず、すでに南米や中東など57カ国から配給の希望が来ているという。

前作の「バケモノの子」は、伝統あるスペインのサンセバスチャン国際映画祭でアニメーションとして初めてコンペティション部門に選出されるなど、細田作品の海外での評価は極めて高い。

細田監督自身は、コンペティションの参加はプレッシャーを感じると言いながらも、「映画祭を通して、世界中の観客が映画に何を求めていて、どういうものを見たがっているのかを感じたり学んだりすることができる。そういう意味で、海外から呼ばれるのはありがたいなと思っています」と謙虚に語っていた。

「未来のミライ」は、日本では7月20日に全国公開される。前作の「バケモノの子」の458スクリーンと同等かそれ以上の規模での公開となる見込みだ。(文化部 藤井克郎)

●細田守 ほそだ・まもる 富山県出身のアニメ監督。金沢美術工芸大卒。1991年、東映動画にアニメーターとして入社。その後演出家となり、2000年には「劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」を監督。05年、東映アニメーションを退社してフリーに。06年、劇場アニメ「時をかける少女」を監督。11年、アニメーション映画制作会社スタジオ地図を設立し、12年、劇場アニメ「おおかみこどもの雨と雪」。15年、「バケモノの子」を公開。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000505-san-movi

 

7:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 12:18:49.49 ID:AwwM3L/T0.net
新海とえらい差がついちゃったよな

 

8:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 12:19:33.87 ID:DXeIwU9z0.net
おおかみこどもはサマーウォーズ以下だったな
狼をゴミ収集車で処分とか謎だし、物語として結局何が言いたいのか分からなかった
サマーウォーズはまだ物語として完結してるもんな

 

11:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 12:20:55.90 ID:ILyqVeXk0.net
まあ完成してから

 

12:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 12:22:28.31 ID:WIIpuVrP0.net
ヒット作ないのによく続けられんな
業界も人材不足か

 

24:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 12:36:10.69 ID:G9WZp5pt0.net
>>12
右肩上がりでヒットはしてるんだよ
問題はどんどんつまんなくなってんだよ

 

13:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 12:22:29.99 ID:5DMfTWX30.net
ポスト宮崎と思われてたのに、新海に持ってかれちまったなあ。

 

29:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 12:51:45.86 ID:a0hR5/I30.net
おおかみこどもはさすがに受け入れきれなかった
喪な女の突飛な妄想の域を超えてない、女にはいいかもしれんが
男には辛かった

 

66:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 15:27:05.60 ID:ZcO0RlY/0.net
>>29
女の立場からでもどうかと思った
あれが監督の理想像なんだろうけど
作品作る毎に何故つまらなくなるのだろう

 

68:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 15:37:50.73 ID:y2RrJTOs0.net
>>29
子供が熱を出して苦しんでるのに身バレを一番に気にする母親ってあり得んわな

 

33:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 13:06:21.29 ID:WA2BL06p0.net
どうせまたケモノが出てくるんだろ

 

35:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 13:08:55.13 ID:xxYNCj450.net
ストーリー性の観点では、細田の方が新海よりマシ

 

40:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 13:14:18.40 ID:Ga10nIn10.net
ミイラかと思った。そちらのほうがいいかも。

 

41:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 13:14:48.40 ID:a0hR5/I30.net
魔女宅は俺には楽しめなかったが良さはわかる
うちの嫁が異常に好き、女が好きな作品

 

46:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 13:46:07.82 ID:p0h0XAMQ0.net


たった30秒の予告ですら性癖を隠せない

 

48:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 13:53:32.53 ID:gh29+oCy0.net
サマーウォーズの監督だっけ?
あれは面白かったけど、おおかみこどもはつまんなかったな。
モチーフになっている自然への回帰っていうのが、もう古いというか、時代錯誤というか

 

52:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 14:25:50.67 ID:lNgFgS/x0.net
>>48
同じ。サマーウォーズは面白かったが、おおかみこどもは時間返せなレベルでがっかりだった。
結構映画みて泣く方、特にこどもが努力する系で泣くんだがなんだが、これ見て泣く人がいると聞いた時は驚いた。

 

64:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 15:15:47.47 ID:+9DGIYYk0.net
>>48
おおかみは面白かったけど、サマーウォーズはつまらなくて無理だわ。
感じ方っていろいろだな

 

60:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 14:53:16.86 ID:ZDVO1GZZ0.net
時をかける少女だけでしょ。
他は駄作。脚本が適当すぎ。
自分で考えてるなら才能無いの明らかなので大筋考えるのは誰かに任せて、細かいアレンジに徹した方が良いと思う。

 

85:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 17:55:52.36 ID:EJsVya6g0.net
安っぽい演出、ぎこちないストーリー展開までもう予測できるな

 

88:名無しさん@恐縮です 2017/12/31(日) 18:11:12.64 ID:ViICeNem0.net
またタイムスリップものかよ

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 映画好きな名無しさん
    • 2018年 1月 01日

    おおかみこどもに否定意見が多いのが驚きだ。時かけと並んであの作品は最高だし、誰にもわかりやすいと思ったんだけどなあ

      • 映画好きな名無しさん
      • 2018年 1月 02日

      現実の母親からの育児方法に関してなんかの否定的意見は多いみたいだね
      ただあれは端から賛否両論の炎上狙いで作ってる気がする

    • 映画好きな名無しさん
    • 2018年 1月 01日

    一番問題はバケモノの子じゃねぇか?
    面白そうな題材なのに見返そうと思わん
    賛否の対象にすらなってない作品という感じ

    • 映画好きな名無しさん
    • 2018年 1月 01日

    細田は長編より短編が完成度高い。東映時代のあの演出クオリティーはもう戻らないだろう。できるならテレビシリーズの監督をやってほしいな。

    • 映画好きな名無しさん
    • 2018年 1月 02日

    まず細田、お前は脚本を書くな
    話はそれからだ

    • 映画好きな名無しさん
    • 2018年 1月 02日

    宮崎駿も個人的な趣味全開で映画作ってるけど
    あれだけ幅広い客に受け入れられるのに
    細田の場合、個人的な趣味を入れるとどうも引いてしまう感じがするな

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆10月公開注目映画◆

パーフェクトワールド 君といる奇跡
【公開日: 2018年10月5日】
パーフェクトワールド 君といる奇跡

あの頃、君を追いかけた
【公開日: 2018年10月5日】
あの頃、君を追いかけた

イコライザー2
【公開日: 2018年10月5日】
イコライザー2

あのコの、トリコ。
【公開日: 2018年10月5日】
あのコの、トリコ。

フィフティ・シェイズ・フリード
【公開日: 2018年10月5日】
フィフティ・シェイズ・フリード

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛
【公開日: 2018年10月6日】
チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

ブレイン・ゲーム
【公開日: 2018年10月6日】
ブレイン・ゲーム

Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow
【公開日: 2018年10月6日】
Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow

ルイスと不思議の時計
【公開日: 2018年10月12日】
ルイスと不思議の時計

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
【公開日: 2018年10月12日】
音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

覚悟はいいかそこの女子。
【公開日: 2018年10月12日】
覚悟はいいかそこの女子。

聖☆おにいさん
【公開日: 2018年10月12日】
聖☆おにいさん

バーバラと心の巨人
【公開日: 2018年10月12日】
バーバラと心の巨人

日日是好日
【公開日: 2018年10月13日】
日日是好日

アンダー・ザ・シルバーレイク
【公開日: 2018年10月13日】
アンダー・ザ・シルバーレイク

エンジェル、見えない恋人
【公開日: 2018年10月13日】
エンジェル、見えない恋人

スカイライン 奪還
【公開日: 2018年10月13日】
スカイライン 奪還

億男
【公開日: 2018年10月19日】
億男

劇場版 はいからさんが通る 後編 花の東京大ロマン
【公開日: 2018年10月19日】
劇場版 はいからさんが通る 後編 花の東京大ロマン

ここは退屈迎えに来て
【公開日: 2018年10月19日】
ここは退屈迎えに来て

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク