タカ&ユージが語る『あぶない刑事』制作秘話

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:00:44.96 ID:CAP_USER*.net
『あぶデカ』の愛称で30年にわたりシリーズ化されてきた刑事ドラマの金字塔が、ついにフィナーレを迎える。
60代半ばとなった舘ひろし、柴田恭兵は、今回もアクションシーン満載の“タカ&ユージ”をどう演じたのか?
2人の熱い語りを読めば、もう「アラフォーはおっさん」なんて言ってられない!?

あの伝説のコンビが帰ってくる。
スタイリッシュなファッション、ウィットに富んだセリフ回し、バイクやクルマ、拳銃など、こだわりのガジェット、そして全編にちりばめられたユーモア……。

’86年に放映されたテレビドラマ『あぶない刑事』は、それまでのいたずらに重くシリアスな日本の“刑事モノ”とは一線を画し、多くのファンを獲得した。

思春期の頃、タカ(舘ひろし)と、ユージ(柴田恭兵)の活躍に胸を高鳴らせた読者も少なくないだろう。

30周年の節目となる今年、映画最新作『さらば あぶない刑事』を引っ提げ帰ってきた2人が、作品や演技論から人生論までを、ときにクールに、ときに洒脱に語り尽くした。

舘:今回の映画は、原点に戻りたい気持ちが強かった。
ストーリーをしっかりつくって、その上にコミカルな部分を載せる……
そういう意味では、1作目の映画に近いですね。

――すべての原点であるテレビシリーズは、当時の日本にはない新しいスタイルのバディモノでした。

舘:
それまでの刑事モノって、義理人情や浪花節的な要素が入っていて、観る人の涙を誘うつくりになっていたけど、そういう時代じゃないな、って。

そんな悲壮感を否定した初めての刑事ドラマが『あぶデカ』で、個人的に“文化的大事業”と思ってるくらい。

刑事モノだから人が死ぬわけだけど、軽いジョークで悲しみを笑い飛ばして、乗り越えていく……『あぶデカ』以前には、こんな刑事ドラマはない。
それに、カッコイイことに正面からこだわっていたのも、それまでにない試みだった。

柴田:
カッコイイことはいいことだ、って単純に思ってたからね。
上の世代は、「カッコイイことは、なんてカッコ悪いんだろう」って価値観だったけど、それは違うだろうって。

そして笑い。
カッコよくってユーモアもあるってすごく難しいことなので、とにかく数を打って当たればいい、と。
台本を読んで、こうすれば面白いかもしれない、っていうアイデアはすぐ浮かぶんです。
そこに舘さんが乗っかってくれて、膨らんでいく。
まぁ、僕にすれば舘さんが笑ってくれたら、それでもう十分(笑)。

舘:
だから、撮影がツラいんです。
素で笑っちゃうから、カットが入る。
本気で笑っちゃってるのを、そのまま使ったのも多いですよ。
背中を向けたタカの肩が震えてたり(笑)。

柴田:
観る人に向けてやっていたつもりですが、僕は舘さん一人に喜んでもらいたくてギャグを考えていたのかも。
舘さんに受けたら、世界中に受ける確信がありますしね。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160105-01023061-sspa-soci
週刊SPA! 1月5日(火)18時51分配信

no title



スポンサーリンク



2: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:01:13.27 ID:CAP_USER*.net
◆「あぶない」というタイトルがイヤだった

舘:
そもそも『あぶない刑事』というタイトルがイヤで、『危険な刑事』にしろって言ったんだけど断られて……僕はフランス映画のような、
フィルム・ノワールっぽい刑事モノになるんだろうな、って想定してたんです。
だから、マイナー・キーで「冷たい太陽」を書いたら、全然違う(笑)。

柴田:
僕も間抜けなタイトルだな、って思いましたよ、最初はね。
その後、作品がヒットすると「あのタイトルをつけたのはオレだ」っていう人が、大勢出てきました(笑)。

――当時、2人は30代半ば。初共演するにあたり、ライバル心はなかったんですか?

舘・柴田:
そりゃ、あったよね。

舘:
役者としては真逆のタイプだし、もっとも遠い位置にいる2人。
初めは正直、変な芝居をする役者だな、やりづらいな……って思ってました。

ただ、一緒にやっているうちに、自分の気持ちが恭サマに対する嫉妬だとわかった。

今思えば、『あぶない刑事』をやる前に、
恭サマが主演した『チ・ン・ピ・ラ』という映画を観て、カッコイイなって。
僕がカッコイイって思った初めての俳優なんですよ。

※このインタビューは1/5発売の週刊SPA!
のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです 

6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:04:21.56 ID:nHrL7sa10.net
no title

7: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:05:05.64 ID:bMSUEM490.net
当時「あぶな~い」が流行ったからでしょ

22: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:18:41.27 ID:JU6oVIYN0.net
今でも赤レンガ倉庫に来るとなんとなく走りたくなる

25: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:23:52.17 ID:rpc/FYuy0.net
OPの軽やかな始まり~お笑い要素を含む内容~EDのシリアス感

80年代にピッタリなドラマだった
特に最後の浅野と柴田・舘の三人の掛け合いからEDまでの流れが良いんだよな
あの落差と日曜が終わる寂しが相まって

65: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 22:33:49.61 ID:xICsQPO/0.net
>>25
金曜日じゃなかった?

66: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 22:38:33.60 ID:peKc1nwb0.net
>>65
続編のもっとあぶないだね

さいしょのあぶデカは日曜だった

31: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 19:30:42.09 ID:E684hkDh0.net
オープニングの映像がセンスある。

中条さんが出てくるところで笑えた。

40: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 20:15:18.61 ID:nByxv+Nq0.net
当時は劇場が満席になる位に人気はあったよな
タカとユージが使ってる拳銃のモデルガンとか買ったもん

実際の警察では使ってないやつだってのは、後から知った

41: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 20:16:31.99 ID:QN/Kvpt/O.net
正直、面白いのはテレビシリーズだけだな
映画はどれも何か違うよ

47: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 20:39:37.06 ID:udsfxDIK0.net
>>41
映画は悪ノリおふざけエンタだかんね

124: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 14:30:15.72 ID:oi7pDzOK0.net
>>41
映画はスケール大きくしようとして
大味なアクション映画になって
つまらないんだよなw

44: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 20:17:54.58 ID:/QHSJeB40.net
ノリが軽くて、やっぱりバブルだよなあ、
とにかくノリが軽くて明るく悲壮感がない。

51: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 21:00:02.11 ID:peKc1nwb0.net
オープニングとかエンディングとか確かにオサレだった
今のドラマよりも

60: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 22:09:33.75 ID:hL1bAzL50.net
BGMとか音楽全般もよかった。
TVドラマのサントラでこれのだけ唯一買ったわ

63: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 22:25:29.32 ID:peKc1nwb0.net
OPのサックスかっこ良かった

64: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 22:28:07.30 ID:peKc1nwb0.net
OPだけでめったに出てこない木の実ナナが謎だったなあ

70: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 22:46:46.13 ID:Oq6X9RtF0.net
まだ赤レンガが廃墟だった頃だな。
当時は床は抜けてるし、埃が舞って噎せたわ。

73: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 22:52:29.89 ID:BVRZ9duc0.net
冷たい太陽はそういうつもりで書かれたのかとわかってよかった
どうりで

97: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 08:20:34.09 ID:nrHPew/E0.net
30代なかばであの渋さとかっこよさだもんな
当時のスターは別世界のかっこよさが残ってるな

元スレ: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451988044/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆1月公開注目映画◆

傷物語III 冷血篇
【公開日:2017年1月6日】
傷物語III 冷血篇

ダーティ・グランパ
【公開日:2017年1月6日】
ダーティ・グランパ

アンダーワールド ブラッド・ウォーズ
【公開日:2017年1月7日】
アンダーワールド

甲鉄城のカバネリ
総集編 後編 燃える命
【公開日:2017年1月7日】
甲鉄城のカバネリ

ザ・スクワッド
【公開日:2017年1月7日】
ザ・スクワッド

ドラゴン×マッハ!
【公開日:2017年1月7日】
ドラゴン×マッハ!

僕らのごはんは明日で待ってる
【公開日:2017年1月7日】
僕らのごはんは明日で待ってる

本能寺ホテル
【公開日:2017年1月14日】
本能寺ホテル

動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊
【公開日:2017年1月14日】
動物戦隊ジュウオウジャー

PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星
【公開日:2017年1月14日】
PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星

マッドマックス 怒りのデス・ロード
ブラック&クロームエディション
【公開日:2017年1月14日】
マッドマックス

沈黙 サイレンス
【公開日:2017年1月21日】
沈黙 サイレンス

黒執事 Book of the Atlantic
【公開日:2017年1月21日】
黒執事 Book of the Atlantic

劇場版カードキャプターさくら
【公開日:2017年1月21日】
劇場版カードキャプターさくら

ザ・コンサルタント
【公開日:2017年1月21日】
ザ・コンサルタント

新宿スワンII
【公開日:2017年1月21日】
新宿スワンII

ドクター・ストレンジ
【公開日:2017年1月27日】
ドクター・ストレンジ

マグニフィセント・セブン
【公開日:2017年1月27日】
マグニフィセント・セブン

イタズラなKiss THE MOVIE2 キャンパス編
【公開日:2017年1月27日】
イタズラなKiss

僕と世界の方程式
【公開日:2017年1月28日】
僕と世界の方程式

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク