月30ドルで映画館行き放題の会員制サービスが登場!定額動画配信サービスに対抗

1: 海江田三郎 ★ 2016/03/28(月) 14:40:26.50 ID:CAP_USER.net
http://bylines.news.yahoo.co.jp/saruwatariyuki/20160325-00055820/

ウィル・スミスが主演作の製作配給にメジャースタジオではなく劇場公開と同日にVOD配信するNetflixを選んだり
50ドル払えば最新作を自宅で見られる新しいサービスにスピルバーグやスコセッシが賛同したりする中、アメリカの映画館は、将来への不安をますます強めている。

tuki

決まった週の決まった時間に家に帰ってテレビドラマを見るのではなく、小さなスクリーンであっても、
Netflixやアマゾンで、見たい時に、何話でも、見たい場所で見ることに慣れた若い世代が、新作映画にも同じことを求めるのは、避けられない流れと思われるからだ。

そんな中、やはりNetflixなどから想を得て生まれた映画館向けの会員制サービスMoviePassに、あらためて関心が寄せられている。

毎月30ドルから45ドル程度の会費(値段は住む街によって変わる)を払えば、提携している映画館で映画を見放題というものだ。

システムは、簡単。まずはウェブサイト上で入会登録をし、スマフォの専用アプリで劇場と上映時間を検索する。

劇場に到着したらアプリ上でチェックインをし、
メンバーシップカードを使って、劇場の券売機でチケットを入手する。

3DやIMAXのシアターでは使えず、“見放題”とは言っても、24時間に1本までという制限がある。

また、チケットは会員本人分しか取れない。
つまり、会員ではない友達と一緒に見にいく場合、自分は券売機から無料チケットを取得しても、友達には普通にチケットを購入してもらわなければならないということだ。同じ映画を2回は見られないというルールもある。

デビューは5年前だが、当初は劇場主に完全にそっぽを向かれ、ほとんど話題にならなかった。

しかし、2014年、北米で2番目の規模を誇る劇場チェーンAMCが提携したことで、はずみがつく。

MoviePassは会員数を公表していないが、会員の75%は18歳から35歳で、平均年齢は26歳だという。

アメリカ映画協会(MPAA)の最近の調査で、25歳から39歳の観客が劇場から遠のいているという結果が出ているだけに、注目に値する事実だ。

さらに、MoviePassがリサーチ会社Mather Analyticsに依頼して行った調査で、MoviePassの会員は、劇場内の売店でポップコーンやドリンクなどに、
普通の観客の123%増しのお金を使うという結果も出た。

チケットにお金を払わなかったせいで、財布の紐が緩むのかもしれない。
映画館にとって、売店の売り上げは最も貴重な部分だ。チケットの収入は、スタジオと劇場が分かち合うが、公開直後は大部分がスタジオに行く形で、
公開後、日がたつにつれて、劇場の取り分が増えていく仕組みになっている。

映画のマーケティングにはお金がかかり、
それをスタジオが請け負っているというのが大きな理由だが40年代や50年代のように、ひとつの映画が半年やそれ以上同じ劇場でかかる時代ならともかく、
3週間もしないうちにトップ10から消えてしまうのも当たり前な今の時代においては、劇場はスタジオと同じシェアをもらえないことがほとんどというのが実情だ。

だが、話題作を回して、人がたくさんやって来れば、売店の売り上げが上がる。

劇場は、収益の85%を、売店の売り上げから得ており、
客足を増やすのは、非常に大事なことなのである。

2: 海江田三郎 ★ 2016/03/28(月) 14:40:34.05 ID:CAP_USER.net
スタート当時、劇場主が反対したのは、劇場が自分たちでチケットの価格を決める上で、影響を及ぼされることを危惧したせいだった。

しかし、何度かの変更を経た今、MoviePassは、その劇場がその上映回に対してつけるチケットの価格を全額払い戻しているという。

会員がみんな、月に10回も20回も映画を見に行ったらもちろん赤字になるが、その月は1、2回しか行けなかったという会員もいることで、MoviePassは儲けるわけだ。

月極めの会費を払うため、「使わないともったいないから映画館に行こう」という心理が働くのも、劇場にとってはプラスだろう。
オンラインでの事前予約はできず、当日、劇場に行ってからしかチケットを取得できないので、たとえば最新の「スター・ウォーズ」を公開初週末に見るというような時には使えないが、逆に、15ドル払ってまでは見るつもりがなかった映画を見て、思わぬ秀作に出会えるということは、十分にありえる。

MoviePassは、現在、アメリカの映画館の93%で使えるようになったと述べているが、ロサンゼルスで見る限り、実際にはそれよりだいぶ少ない感じがする。

映画は映画館で見ましょうと提唱し続けていきたいならば、
劇場は、Netflixやスタジオに文句を言い続けるだけでなく、自分たちでも積極的に打開策を練っていくべきだろう。

ところでAMCは、50ドル払えば公開日に自宅で最新映画を見られる新しいコンセプト“スクリーニング・ルーム”に賛同した、唯一の劇場チェーンでもある。

2012年に、26億ドルで買収されたAMCは、現在、中国の大連万達グループの傘下にある。

2014年、AMCは、19ドル99セントを払えば「インターステラー」を何度でも見られるという独自のプロモーションを行ったりもした。

買収当時、大連万達は、AMCのテクニカル面での改良のために5億ドルを投資することを約束したが、外からの目の影響は、シートやスクリーンのクオリティ以外のところにも及んでいると言えるかもしれない。

7: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 14:57:37.88 ID:6BNHIlvB.net
日本なら1万円/年でなら需要あるかも。

9: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 15:13:13.57 ID:jkMr5Txp.net
>>7
俺は日本アカデミー会員だから
似たような立場だけど
意外と観放題だと観に行かなくなる

11: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 15:18:08.53 ID:HjQz3OlP.net
>>9
それどうやったらなれるの?

20: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 15:37:09.67 ID:jkMr5Txp.net
>>11
何年か映画関連業界に従事した後
協会の役員に推薦してもらえればなれる

が、俺は映画関連会社社員だから簡単になれた
映画と1ミリも関係ない部署だけど

22: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 15:40:35.49 ID:HjQz3OlP.net
>>20
アカデミー賞取らなくても
永久無料なんてすごいな
トップ芸能人かと思ってた

26: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 15:42:13.58 ID:jkMr5Txp.net
>>22
いや無料じゃなくて年2万くらい払ってる
うち1万は会社負担だけど

21: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 15:37:12.35 ID:texfZBsf.net
日本は映画高すぎるよ
アメリカだと大人が$5~高くても$10位です
日本は倍以上するから客が行かないんだよ

30: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 15:45:12.50 ID:CX+XJu/y.net
>>21
本文中の15ドル出してまでってどこから来てるのかと思った。

31: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 15:47:19.48 ID:HjQz3OlP.net
>>30
野球が庶民が見れるスポーツで無いくらい高騰してるらしいな
アメリカの映画は安いんか?

32: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 15:50:05.01 ID:CX+XJu/y.net
>>31
住んでたことあるけど10ドル未満の記憶しかないな

33: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 15:53:16.45 ID:Fq1EViyh.net
映画は観たいものを観るものであって、映画館だろうが定額動画配信サービスだろうが
観たい映画がなければ只の会費の無駄だね。

会員で見放題だからと、
観たくもないものを無理に観て時間を過ごすなんてとても考えられないな。

41: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 16:28:36.22 ID:WLvLBMNR.net
月4000円でも東宝シネマで観られるならば会員になってもいいかな

42: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 16:49:44.36 ID:qLHwS+SJ.net
日本の映画館も、配給の決断次第で何時でも出来そう

日本の映画館はチケットでは利益を上げていないんだから

44: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 17:21:01.17 ID:0k8xyFNJ.net
日本だと5000円くらいの感覚かな
映画好きな人には好いかもね

46: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 17:58:09.10 ID:CX+XJu/y.net
昨夜行ったバットマンVスーパーマン
4DX3D眼鏡持参のレイトショーで2500円だった。

47: 名刺は切らしておりまして 2016/03/28(月) 20:44:50.77 ID:iWl9kxJl.net
月額3500円なら、学生から社会人、主婦に老人まで雪崩をうって加入するだろう。

目に見えるようだ。しかし、いくら儲かっても、硬直した業界その他のせいでやらないだろう。

自分は映画館はリセットしに行く場所だから、レンタルでの視聴体験とは質が違うんだよな。
映画館で観るのはたまの贅沢。
気軽に見に行ければな。

物販も例えば「オデッセイ」とかでも「JPL職員の就活記録」とかの関連本とかあれば買ったのに。

元スレ: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1459143626/


スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • 映画好きな名無しさん
    • 2016年 3月 29日

    今の邦画なんか見放題でも見るものねーわ
    わざわざ高い金払う価値なし、ほとんどレンタル待ちで充分

    • 映画好きな名無しさん
    • 2016年 3月 29日

    TOHOが月額4000円くらいでやってくれたら絶対加入する。
    洋画だけでも月4,5本は気になるのあるから。

    • 映画好きな名無しさん
    • 2016年 3月 29日

    いやいや、、頻繁に見に行くのは最初の2ヶ月で絶対すぐに行かなくなるよ。
    まあそれこそが仕掛人の狙いなんだろうけど。。

    • 映画好きな名無しさん
    • 2016年 3月 29日

    近所に映画館があれば絶対会員になる。

    • 映画好きな名無しさん
    • 2016年 3月 29日

    昔の映画ももっとやってくれるなら考えるけど、今の映画だと見たいのない

    • 映画好きな名無しさん
    • 2016年 3月 29日

    イオンシネマで既にやってなかったっけ?

    • 映画好きな名無しさん
    • 2016年 3月 29日

    文の中に15ドル払って、とあるから、月額で大体2~3倍払えば当人限り通常映画が見放題ってのは魅力的
    でも24時間に1本だけって縛りされてるから確実に契約長続きしない
    毎週末行けるものなら行きたいけど1日1作品だけ、月に2~3作品みなきゃ損、ってすぐ義務っぽくなるでしょ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆5月公開注目映画◆

ラストコップ THE MOVIE
【公開日:2017年5月3日】
ラストコップ

カフェ・ソサエティ
【公開日:2017年5月5日】
カフェ・ソサエティ

追憶
【公開日:2017年5月6日】
追憶

赤毛のアン
【公開日:2017年5月6日】
赤毛のアン

劇場版 FAIRY TAIL DRAGON CRY
【公開日:2017年5月6日】
FAIRY TAIL

スプリット
【公開日:2017年5月12日】
スプリット

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
【公開日:2017年5月12日】
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
【公開日:2017年5月13日】
夜空はいつでも最高密度の青色だ

サクラダリセット 後篇
【公開日:2017年5月13日】
サクラダリセット

破裏拳ポリマー
【公開日:2017年5月13日】
破裏拳ポリマー

メッセージ
【公開日:2017年5月19日】
メッセージ

夜明け告げるルーのうた
【公開日:2017年5月19日】
夜明け告げるルーのうた

猫忍
【公開日:2017年5月20日】
猫忍

ピーチガール
【公開日:2017年5月20日】
ピーチガール

BLAME!
【公開日:2017年5月20日】
BLAME!

夜に生きる
【公開日:2017年5月20日】
夜に生きる

美しい星
【公開日:2017年5月26日】
美しい星

家族はつらいよ2
【公開日:2017年5月27日】
家族はつらいよ2

ちょっと今から仕事やめてくる
【公開日:2017年5月27日】
ちょっと今から仕事やめてくる

バイオハザード ヴェンデッタ
【公開日:2017年5月27日】
バイオハザード

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク