洋画、邦画、アニメ、Netflix などネタバレ、感想、評価、評判をまとめた2chブログ


【映画】女性客は興奮、男性客はネガティブな反応…異色のベッドシーンで賛否両論! 映画『Red』の“容赦ない濡れ場”

1:すらいむ ★ 2020/03/21(土) 19:53:05 ID:DlH3wv3n9.net
異色のベッドシーンで賛否両論! 映画『Red』の“容赦ない濡れ場”が日本社会に突きつけたもの

 直木賞作家・島本理生がセンセーショナルな性愛描写で新境地を拓いた問題作『Red』(中公文庫)。
 発表と同時にその倫理を超えた描写、衝撃的な内容で賛否両論を呼び、累計20万部を売り上げた。
 そのベストセラー小説を映画化した『Red』が公開中だ。
 関連ツイートには、女性客の興奮冷めやらぬ感想が並ぶ。

 「容赦のない映画」
 「ベッドシーンを見て号泣したのは初めて」
 「全編が静寂に包まれているけれど、情熱と衝動に息を呑む」
 「この映画は物事の善し悪しを問う作品ではなく、人の心が燃える時の輝きや美しさを感じる作品なのかもしれない」
 「男性はおそらくたじろぐ。その強さと正面から向き合える男性はどれだけいるだろうか?」

 だが一方で、男性客の感想には「怖かった」「何を見せられたのかわからない」と戸惑うものもあれば、「あれだけの役者を揃えてまったくの期待外れ」「原作とは違うエンディングに違和感」など、ネガティブなコメントがずらり。
 「“禁断の映画化”と謳うほどか?」「自己陶酔的で冗長」と辛辣な意見を見聞きすることも、決して稀ではない。

 これほど極端に男女で温度差のある映画も珍しい。
 その大幅な乖離の理由は、男たちがドン引きし、女たちが泣き濡れるベッドシーンに凝縮されているだろう。
 妻であり母である主人公がかつて愛した男と再会し、家庭を置いてのめり込んでいくなどという我々が見聞きし慣れたはずの不倫愛が、原作者(島本理生)、プロデューサー(日活・荒川優美)、監督(三島有紀子)全て女性という徹底した女性視線で描かれ、「性行為の一部始終を観客に直視させる」との強い意志すら感じられる、異色のベッドシーンに仕上がっているのだ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

文春オンライン 2020年3月21日 17時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/17999698/

 
スレッドURL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1584787985/
 



スポンサーリンク

5:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 19:56:23 ID:UDWBhcmT0.net
男性はおそらくたじろぐ。その強さと正面から向き合える男性はどれだけいるだろうか?

6:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 19:56:30 ID:J7sBFB+F0.net
またただの○Vを芸術と言い張るアホ作品か

21:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:03:18.89 ID:Kd3YfCDY0.net
>>6
○Vではないな。

間抜け。見てもいない物にレッテル張りをして安心したいだけの知恵遅れが偉そうに書き込むな。

7:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 19:56:41 ID:6LIpXizX0.net
誰と誰のベッドシーンなんだよ

10:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 19:59:43.19 ID:WfzkKMcK0.net
>>7
夏帆、妻夫木聡

よう知らんけど

16:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:01:28.26 ID:ZIKox3ei0.net
ゴーンガールみたいな映画だな
男は怖がりながら
女は大爆笑しながら観るみたいなw

20:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:03:09.08 ID:vvwFZ5ZW0.net
妻に裏切られることの追体験で不快なんだろ

22:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:03:33 ID:rE6HpIS00.net
性行為なんて別にエロくない
性行為までがエロいのさ

27:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:05:42 ID:KT5p4OiK0.net
三島監督ってNHKでソリトンとかトップランナーやってたんだよな

28:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:06:11 ID:wNc6ZU6YO.net
何やっても『愛のコリーダ』には勝てんよ

29:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:07:16 ID:ijMu/6i+0.net
もうスケベシーンは○Vとかに任せればええやん
ドラマとか映画に出てくると気持ち悪い

31:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:07:56 ID:VgMhgUJy0.net
愛のコリーダは相当気まずそうだけど

33:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:08:49 ID:5mD6pHMk0.net
単純につまらなそう
見る気はおきないな

40:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:12:21 ID:vQ1bOTh/0.net
映画会社はどうしても女性に話題ってところに持って行きたいんだろうなあ

42:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:12:57 ID:AMBXARbc0.net
この設定なら志らくが興奮するなら上出来なんじゃね

46:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:14:40 ID:k7NF3dxu0.net
全然エロくない濡れ場が新境地

47:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:14:56 ID:7f0qZndY0.net
正直これ本としてもなんでこんな評価されてるのか解らんのよな
娘にパパの子供じゃないの?って言わせる部分と
家族に黙って不倫しておいて、その事に一切罪悪感持たずに生活してる事とか
これがリアルなら、普通に屑だよ

58:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:19:42 ID:8Vf0qNZt0.net
邦画で濡れ場宣伝してる映画にロクなのないパターン

59:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:19:43 ID:eZBvu4BP0.net
夏帆の全盛期を知っていると
今の夏帆を普通のドラマとかでもなんか痛々しくて見られない

60:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:20:22 ID:S+Pn0N6K0.net
男性客の感想の方が面白い

61:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:20:43 ID:Nrrwp5EO0.net
夏帆はピンクとグレーでもエロいベッドシーンやってたな

62:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:21:32 ID:3P1T0MD70.net
昔はすごかった
今は制限あるのか淡白すぎる

67:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:23:19 ID:l8/61xII0.net
性行為を直視させる

それって○Vなのでは?

68:名無しさん@恐縮です 2020/03/21(土) 20:24:12 ID:1bHP9s1n0.net
女の同性愛なら男も女も楽しめるのにな


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆注目作品ランキング◆

コンテイジョン
【公開日: 2011年11月12日】
コンテイジョン

ドクトル・ジバゴ
【公開日: 1966年6月18日】
ドクトル・ジバゴ

パラサイト 半地下の家族
【公開日: 2019年12月27日】
パラサイト 半地下の家族

ライフ
【公開日: 2017年7月8日】
ライフ

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
【公開日: 2019年8月30日】
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク