洋画、邦画、アニメ、Netflix などネタバレ、感想、評価、評判をまとめた2chブログ


【映画】『キネマ旬報ベスト・テン』1位 日本映画「火口のふたり」外国映画「ジョーカー」文化映画「i-新聞記者ドキュメント-」

1:muffin ★ 2020/02/04(火) 12:54:03 ID:7AK98HJI9.net
https://natalie.mu/eiga/news/365791
2020年2月4日

キネマ旬報社が選出する「2019年 第93回キネマ旬報ベスト・テン」の受賞結果が発表された。

日本映画部門の第1位に輝いたのは、荒井晴彦が監督と脚本を担当した「火口のふたり」。外国映画部門の第1位にはトッド・フィリップス監督作「ジョーカー」、文化映画部門の第1位には森達也が監督した「i-新聞記者ドキュメント-」が選ばれた。また「火口のふたり」に出演した瀧内公美は主演女優賞、「宮本から君へ」の池松壮亮は主演男優賞をそれぞれ受賞している。
中略
なお2位以降のベスト・テンおよび各個人賞の詳細は、2月5日発売の「キネマ旬報 2020年 2月下旬ベスト・テン発表特別号」に掲載される。

「キネマ旬報ベスト・テン」は、映画評論家や日本映画記者クラブ員が中心となって選定する映画賞。2月11日には東京・文京シビックホールで「2019年 第93回 キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が行われる。また現在、動画配信サービス・GYAO!にて過去の「キネマ旬報ベスト・テン」受賞作が無料配信中。

2019年 第93回キネマ旬報ベスト・テン 受賞一覧
日本映画ベスト・テン第1位「火口のふたり」
外国映画ベスト・テン第1位「ジョーカー」
文化映画ベスト・テン第1位「i-新聞記者ドキュメント-」
読者選出日本映画ベスト・テン第1位「半世界」
読者選出外国映画ベスト・テン第1位「ジョーカー」

個人賞
日本映画監督賞:白石和彌「ひとよ」「凪待ち」「麻雀放浪記2020」
日本映画脚本賞:阪本順治「半世界」
外国映画監督賞:トッド・フィリップス「ジョーカー」
主演女優賞:瀧内公美「火口のふたり」
主演男優賞:池松壮亮「宮本から君へ」
助演女優賞:池脇千鶴「半世界」
助演男優賞:成田凌「愛がなんだ」「さよならくちびる」ほかにより
新人女優賞:関水渚「町田くんの世界」
新人男優賞:鈴鹿央士「蜜蜂と遠雷」「決算!忠臣蔵」
読者選出日本映画監督賞:阪本順治「半世界」
読者選出外国映画監督賞:トッド・フィリップス「ジョーカー」
読者賞:宇多丸(RHYMESTER) / 三沢和子 連載「2018年の森田芳光」
特別賞:和田誠




 

3:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 12:57:21.76 ID:MB1iVqgU0.net
邦画がクソなのは頭にコンテ描けるヤツはほとんど漫画家目指すからって伯父方のいとこが言ってた

スレッドURL:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580788443/



スポンサーリンク

4:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 12:57:37.66 ID:WvOGGEqh0.net
まともなんじゃね?
というか去年の邦画がいつも以上に酷すぎたんだよ
キングダムが日アカ獲りそうな状況なんだぜ…

 

6:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:10:29.23 ID:XIGg+arx0.net
まぁいつものキネ旬だけど今年は映芸と被りすぎw

 

7:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:14:37.33 ID:+xhw0xVZ0.net
ま、エンドゲームよりはジョーカーだな

 

9:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:15:58.74 ID:G+TPSSTw0.net
とりあえず洋画はジョーカー言っとけって風潮

 

10:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:16:02.53 ID:Pt7DtVTz0.net
R18が1位とるのなんて何10年ぶりよ

 

11:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:16:11 ID:hIZ8WY9C0.net
映画秘宝の方はほとんど見てるのに
キネ旬や映画芸術の方はさっぱりわからねえw

 

12:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:16:30 ID:63Yt5cPH0.net
おそらくこの中で普通の日本人が観た可能性があるのはジョーカーだけ。
後は相変わらずの内輪受けと特定思想マニア作品。

 

13:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:18:37.23 ID:37kfvNWE0.net
岬の兄妹は?
去年観た映画では個人的にダントツ1位だったんだが

 

14:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:18:50.52 ID:YhPgCeBi0.net
今年は妥当すぎて逆につまらない

 

15:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:21:52 ID:YvL1Q2jX0.net
麻雀放浪記はクソほどつまらんかったわ
凪待ちはよかったが

 

16:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:25:54 ID:SeOComyh0.net
1979年度キネマ旬報ベストテン

1.復讐するは我にあり
2.太陽を盗んだ男
3.Keiko
4.赫い髪の女
5.衝動殺人 息子よ
6.月山
7.十九歳の地図
8.もう頬づえはつかない
9.あゝ野麦峠
10.その後の仁義なき戦い
11.もっとしなやかに もっとしたたかに
12.絞殺
13.天使のはらわた 赤い教室
14.男はつらいよ 翔んでる寅次郎
15.子育てごっこ
16.夜叉ヶ池
17.銀河鉄道999
18.十八歳、海へ
19.男はつらいよ 噂の寅次郎
20.龍の子太郎
21.天使の欲望
22.十代 恵子の場合
22.遠い明日
24.戦国自衛隊
24.ホワイト・ラブ
26.限りなく透明に近いブルー
27.養護学校はあかんねん!
28.俺たちの交響楽
28.ガラスのうさぎ
28.総長の首

圏外.ルパン三世 カリオストロの城

 

37:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 14:33:09 ID:7UoQ9vZU0.net
>>16
カリオストロはリアルタイムだと実際に観た批評家が少なかったんだろうな
カリオストロのその後の評判やテレビ放送で宮崎駿を知る人が増えたことがナウシカのベストテン入りにつながったんだろう

 

21:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:44:11 ID:m3wBt/KU0.net
「ジョーカー」より「シャザム!」のが良かったし

 

23:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:49:43.19 ID:LqpQFbfJ0.net
麻雀放浪記2020、ひとよで白石嫌いになった

 

36:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 14:21:08.57 ID:JvxDAMGe0.net
>>23
ひとよは良かったやん

 

25:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:49:58.75 ID:zB8RieOU0.net
2019キネ旬ベストテン

1.火口のふたり
2.半世界
3.宮本から君へ
4.よこがお
5.蜜蜂と遠雷
6.さよならくちびる
7.ひとよ
8.愛がなんだ
9.嵐電
10.旅のおわり世界のはじまり

 

69:独り言\(^o^)/  2020/02/04(火) 16:57:13.21 ID:yMj1vNZR0.net
>>25
殆どが中途半端な低予算単館系やミニメジャー系ばっか。今更だが日本映画はもう完全に終わっている。

>>38
>荒井晴彦が唯一テレビドラマの脚本を書いた「誘惑」

細かいけど別に唯一じゃないよ。連ドラは『誘惑』だけかもしれないけど他にもポツポツある。

荒井は山田太一ファンなのに自分はTVのメジャーに行くのが結局はイヤだった人。
TVに行っちゃうとゴールデン街映画ムラのお山の大将できないもんな。
だから『誘惑』も当時のTBS演出陣の悪口を言いまくり自分で全てぶち壊した。

そこで開き直ってTVに行けないのが荒井さんの映画ムラへの愛・未練であり同時に
卑怯な処なんだよな。要するに映画ムラのお山の大将やりたかっただけじゃねえのって。

>>60
>日本映画は年間600本も制作

別に世間の景気がいいわけでもないのにね。
「19年は興収も動員も最高!」といっても所詮は日本人の映画館利用回数はいまだに
1年1回だよ。まだ2回にも達してない(他の先進国=2~4回 アメリカ・韓国=4回)

結局は殆どがバジェット¥数百万~数千万の低予算作品でしょ。
申し訳ないけど日本映画はもはや映画としての体を為してないよ。

「デジタル化で低予算でも作れる」少し前はこれが希望に見えた時代もあった。
結局は日本映画を更なる低予算の泥沼に引き摺り込んだだけだったね。

ホント、日本映画はもう「映画になってない」もんな。

 

27:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:52:50.58 ID:blL02d5q0.net
しかし世間に届かないな
宇多丸がどんなに俺が頑張ってもアニメとかドラマの映画化がベストテンなんだもんて愚痴ってたな
映画芸術はアニメは映画としてカウントしない方針なんだっけ
それもまた邦画の首を絞めてると思うけどな
良いか悪いかだけだよ

 

32:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:58:57 ID:m3wBt/KU0.net
>>27
荒井の同人誌だと思えば腹も立たない
少し前の秘宝で「火口のふたり」を取り上げて4ページも割いて荒井のインタビューやってたけどスゴい面白い
そこからの今回の編集後記での「映画秘宝とはせっかくお友達になれたのに…」とかいう

 

28:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:53:30.67 ID:m3wBt/KU0.net
「アクアマン」も良かったよ
トイレで戦う映画に駄作なし

 

35:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 14:20:48.25 ID:gM6a9Py+0.net
>>28
ターミネーター3…

 

29:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:54:18.40 ID:oPK9zj/S0.net
映画秘宝は休刊なんだっけ。スクリーンはまだあるか

 

30:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:55:25.41 ID:ICR0gkXM0.net
なにこれこんな映画いつやってたの?

 

31:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 13:56:14.02 ID:zKIq5Q1C0.net
影踏み面白かったけどなー

 

33:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 14:08:19.03 ID:qyTdvrpo0.net
宮本から君への池松よかったよ
日本アカデミーほんとくそだなって思った

 

38:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 14:55:07 ID:A4b7nSIz0.net
荒井晴彦が唯一テレビドラマの脚本を書いた「誘惑」は面白かったな
篠ひろ子と林隆三の夫婦がどっちも不倫して家庭崩壊していく
最終回の二人の金沢デートの場面が色っぽかった

 

43:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 15:18:43 ID:fBFyXK770.net
>>38
懐かしいなw
TMネットワークの宇都宮隆も出てたよな

 

41:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 15:09:31.44 ID:M3AoOynh0.net
キネ旬なんて国内映画村の溜まり場でカリ城の昔からズレていて
次第に影響力もなくなって20世紀で終わったが今は誰が買ってるんだろう

 

45:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 15:28:12 ID:e6cFL87Y0.net
お金出してこの雑誌読んでる人は全国で数百人だけ

 

46:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 15:33:35 ID:Ti0Cx+Y50.net
邦画がクソなのよくわかるわ

 

57:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 16:30:41 ID:C3gMfBhp0.net
火口のふたりは爆笑太田がラジオで取り上げてたな
全編○ックスしてるだけの映画とか

 

59:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 16:33:54 ID:RPmPFe7L0.net
やはりジョーカーだよな

 

60:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 16:38:20 ID:A4b7nSIz0.net
いま日本映画は年間600本も制作されている
外国映画も見なきゃいけないから、評論家でもぜんぶ見切れない

 

61:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 16:41:36 ID:naTTwBPZ0.net
日本アカデミー賞は望月原作の新聞記者だよ

 

63:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 16:46:10 ID:Z9bs3M/B0.net
俺ら分かってるよねって確認し合うためのランキングでしょ

 

64:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 16:46:20 ID:hrfaW2Cz0.net
キネ旬かぁ・・・www 久しく見ていないが、まぁ、昔映画人間にとってはばばぁ????・・・
違ってバイブルかなぁ・・・www 当方には関係ない存在だったけどな・・・www
もっと言えば現場を知らない机上の人みたいなもんやな・・・www だいたい、歴代一位の作品見てみよ、
笑ちゃうがな・・・www もう少し映像が何たるかを知った編集者や記者が選ぶべきもんやね・・・www
そういう意味では初期の日本アカデミー賞の方が映画界のトレンドを反映させていたのかなぁ(不肖当方も投票する権利を保有していた)・・・www
ただし、今はお決まりコースやけどなぁ・・・www

 

65:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 16:46:48 ID:O0H1S0rU0.net
結局ダークナイトとジョーカーってどっちが上なん?
比べるのはナンセンス。というのはなしで

 

66:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 16:51:25.01 ID:t5C62psn0.net
>>65
どっちも凄かったとしか

 

71:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 17:00:48 ID:cV+0pBAeO.net
まぁジョーカーも其なり良かったよ。

今年は、本家アカデミー賞作品賞のノミネート作品が
ほんとに出来が良い。
ノミネート作品ぜんぶ観れてる訳じゃないけど
今んとこハズレ無し

外国映画部門は、ノミネート作品並べるだけでもいいや て勢い

 

72:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 17:02:00 ID:hJWeNSE00.net
読者はともかく 評論家までジョーカー選んでるのかよ
やはり本物だな

 

73:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 17:05:26 ID:7UoQ9vZU0.net
1970~80年代のキネ旬1位(左)と日アカ作品賞(右)

1977 「幸福の黄色いハンカチ」 「幸福の黄色いハンカチ」
1978 「サード」 「事件」
1979 「復讐するは我にあり」 「復讐するは我にあり」
1980 「ツィゴイネルワイゼン」 「ツィゴイネルワイゼン」
1981 「泥の河」 「駅 STATION」
1982 「蒲田行進曲」 「蒲田行進曲」
1983 「家族ゲーム」 「楢山節考」
1984 「お葬式」 「お葬式」
1985 「それから」 「花いちもんめ」
1986 「海と毒薬」 「火宅の人」
1987 「ゆきゆきて神軍」 「マルサの女」
1988 「となりのトトロ」 「敦煌」
1989 「黒い雨」 「黒い雨」

ほとんど違いなくね?>キネ旬と初期日アカ

 

74:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 17:05:56 ID:ggv0+hUx0.net
『新聞記者』が1位になるとばかり妙な期待してたが、逆にあざと過ぎて毛嫌いされたかな(笑)?

 

75:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 17:10:24 ID:YdvV3TiM0.net
マルサの女はキネマ旬報も1位だよ

 

76:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 17:12:02 ID:7UoQ9vZU0.net
>>75
あ、すまん
確認し直したらゆきゆきては読者選出の方の1位だったわ

 

80:名無しさん@恐縮です 2020/02/04(火) 17:18:24 ID:A4b7nSIz0.net
日本映画のほとんどは低予算作品で俳優とスタッフはろくにギャラも貰えない
小栗旬が日本映画界の問題点として、興行収入の配分が外国と比べ異常と言っている
映画を作ってもいない映画館チェーンが半分以上ごっそり持って行く
そのあと、資金を出し、リスクも負う制作会社が取り、残りの1割をスタッフと俳優で分ける
この既得権を崩そうと俳優組合を作ると言ったら、映画界からお前はもう使わないと言われた

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 映画好きな名無しさん
    • 2020年 2月 05日

    柄本佑って安藤サクラとかと同じでルックスはアレなのにやたら濡れ場が多いよな

    • 映画好きな名無しさん
    • 2020年 2月 05日

    これって価値あるの?

    • 映画好きな名無しさん
    • 2020年 2月 05日

    宇多丸が俺が頑張ってるのにってただラジオで感想くっちゃべってる奴が頑張ってるうちに入るわけねーだろボケwwwwww 世間の認知度が圧倒的低さで音楽に見向きもされない奴に説得力のないこと言われても…
    頭かどうかしてんのか?あっハg…

      • 映画好きな名無しさん
      • 2020年 2月 11日

      今時こんなしみったれた太宰メソッド使う奴まだいたんだな

下記事項に該当する内容につきましては、 管理者の判断により削除させて頂く場合がございます。
・誹謗中傷
・暴力的な表現
・第三者が不愉快な表現

スポンサーリンク

◆注目作品ランキング◆

コンテイジョン
【公開日: 2011年11月12日】
コンテイジョン

ドクトル・ジバゴ
【公開日: 1966年6月18日】
ドクトル・ジバゴ

パラサイト 半地下の家族
【公開日: 2019年12月27日】
パラサイト 半地下の家族

ライフ
【公開日: 2017年7月8日】
ライフ

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
【公開日: 2019年8月30日】
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

逆アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

映画タイトル索引

《《 邦画・洋画 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

《《 アニメ・劇場版 》》
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行
な行】 【は行】 【ま行】 【や行
ら行】 【わ行

RSSフィード

スポンサーリンク